行政区の施設を活用する

ちょっとしたイベントなどを含め、気軽に活用したいのが公共のスペース

ちょっとしたイベントなどを含め、気軽に活用したいのが公共のスペース

行政区が所有、運営するいわゆる「公民館」も、時間単位での利用貸出しを行っていたりします。しかも「公民館」などには、食器、給湯設備などの設備があるところも多く、貸出し価格も抑えめなので、利用するのも一つの手です。

「公民館」というと古めかしい施設をイメージしてますが、昨今は古い公民館を立て替え、新しくお洒落なスペースに変貌しているところもあり、掃除などの手間を考えると、近隣にあるこういうスペースをママの息抜きにうまく活用するのも賢い手のひとつといえるでしょう。

実際に近所の子どもたちやママが集まってクリスマスパーティや七夕会、誕生会などをやっていたりするのを見かけますが、とくにイベントと構えずに、少人数で気軽に集まれるスペースとして利用するのも、平日の空いている時間にはいいかもしれません。

各行政区のホームページなどに利用方法や利用料金などが詳しく記載されているので、ぜひ確認しておきたいものです。

最近増えてきた「親子カフェ」を活用する

最近は、乳幼児連れのママ、パパ&プレママのための親子カフェなどが盛んにオープンしています。子ども向けのメニューが用意されていたり、子どものおもちゃや遊び場、絵本などがたくさん用意され、個室や授乳室、オムツ替えスペースなどもあり、親子が集まって安心して寛げる場所になっているようです。

たとえば、表参道にオープンしたベビーカフェでは、地下一階のスペースに上記のような施設が用意されており、子どもが騒いでも周囲に気兼ねなく過ごせるスペースになっています。料金も利用料は会員が30分500円、その同伴者が250円で、パスタなどのフードメニューも1000円以内で、キッズプレートが600円、おやつが200円など、価格的にはリーズナブルな設定となっているようです。

たまには子どもと一緒に表参道などに出かけ、街全体が醸し出すお洒落な雰囲気を味わうのも、ママのとてもいい息抜きになるのではないでしょうか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。