日欧比較 夜中のオムツ替え、する?しない?

オムツ
夜間のオムツ替えについては、日欧で大きな差が……
おっぱい(ミルク)と同じように、赤ちゃんの発育に欠かせないのが睡眠。例えば、赤ちゃんは寝ている間に昼間に起きたことを思い出しながら学んだり、成長ホルモンが眠っている間に分泌されたりしていると言われています。ぐっすり眠ることは、赤ちゃんの健やかな成長にとっても大切なことです。

パンパース赤ちゃん研究所では、“夜中に邪魔されずにぐっすり眠ること”を『ゴールデンスリープ』と名付け、その実現へ向けて日欧の比較調査を行いました。その結果、日本の生後4ヶ月前後(3~6ヶ月)の赤ちゃんのママ約6割が夜中にオムツ替えをしているのに対し、ヨーロッパのママは3割以下でしかありません。

同研究所では、「最近は紙オムツの性能が向上しており、十分な吸収力があれば、夜中のオムツ替えは必ずしも必要ありません。日本の母親は夜も赤ちゃんに手をかける傾向にあるようですが、夜中のオムツ替えの際に明かりをつけたり物理的な刺激を与えたりすれば、かえって目を覚まさせてしまい眠りの妨げになってしまう可能性もある」としています。

ヨーロッパのママたちは、寝る前のきまりごとを実践している

また、「赤ちゃんを寝かせるために毎晩決まったこと(Bed Time Routine)を実践しているか」とたずねたところ、ヨーロッパでは子どもの月例に関わらず実に9割以上の母親が実践していることも判明。それに対して日本では4割弱ということですから、ヨーロッパでは赤ちゃんが小さいうちから意識的に寝かしつけを行っていることがわかります。

そこで提案されているのが「ゴールデンスリープ実現の秘訣8か条」赤ちゃん夜ぐっすり!の秘訣とは、どんなものなのでしょうか。次ページで紹介します!