夫、旦那、主人……。どう呼べばいいの?

夫?旦那?主人?
夫?旦那?主人?自分や相手のパートナーのことは、どう呼ぶのが正しいの?!
「うちの旦那は」、「おたくのご主人は」など女性たちの間でも夫であるパートナーをどう呼べばいいのかは曖昧なものですよね。

辞書を引いてみると、このようになります。

  • 夫……女性を「妻」というのに対し、男性をいう語

  • 主人……家の長、店の主(あるじ)、自分の仕える人

  • 旦那……お布施をする人、商家の奉公人が自分の主人を敬っていう語、男の得意客、自分や他人の夫

  • 亭主……その家の主(あるじ)、夫、茶の湯で茶事を主催する人

辞書の通りに解釈すれば、「主人」よりも「旦那」のほうが丁寧な呼び方であることがわかります。つまり、訪問先で「ご主人はいらっしゃいますか?」と伺うよりは「旦那さんはいらっしゃいますか?」の方が丁寧ということに。もちろん地域性なども加味しなければいけませんが、一般的には勘違いしている方が多いのではないでしょうか?(ガイドは間違ってました)

こうやって実際に辞書を引いてみると、その言葉の持つ本来の意味を勘違いして使っている可能性は無きにしも非ず。そういえば、「拘(こだわり)り」という言葉は現在は良い意味で用いられることが多いですが、以前は反対の意味だったといいますし、その昔「奥様」という言い方には「夫=表、妻=裏」という男女差別・女性蔑視にあたるとして抗議された例もあるほどです。

以上、今回は「夫も学ぶ一般常識」として、パートナーをどう呼べばいいのかを考えてみました。親しい間柄では気にもならないことかもしれませんが、職場の小ネタとしてみんなに聞いてみるのも面白いのではないでしょうか?もちろん今後は使い方にも注意しましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。