妻、嫁、奥さん、家内……。辞書を引いてみると!?

新明解国語辞典
妻、嫁、奥さん……。辞書を引いてみると意外な事実が!?
自分の妻や相手の妻のことをどう呼ぼうと、親しい間柄では気にする必要もないのかもしれません。ですが、例えば相手が上司や取引先、お客さまとなると一般常識を心得ていた方が無難ですよね。
辞書を引いてみると、このようになります。

  • 妻……夫(自分)の配偶者

  • 嫁(嫁さん)……息子の妻

  • 奥さん(奥様)……相手(他人)の妻、既婚者と見える女性

  • 家内……家の中で暮らす人、亭主の妻

  • カミさん(上さん)……商人の妻、その家の女主人

  • 女房……妻のこと、朝廷に仕える女官

辞書の通りに解釈すれば、「嫁トーク」で使われる「嫁」とは、本来は自分の妻ではなく自分の息子の妻ということになります。地域性や芸風もあるので一概にいえませんが、例えば「奥さん」というのは相手の妻をいう言葉ですから、「おたくの奥さんは……」は正しくとも「うちの奥さんは……」と使うのは間違いということに。

つまり、妻の職場に電話をかけて呼び出してもらうときに、「○○の夫です。お忙しいところ申し訳ありませんが、うちの奥さんを呼び出してもらえないでしょうか?」と言ったら丁寧に話しているつもりでも赤っ恥かもしれませんね。この場合は、「妻を呼び出して……」と話すのが無難のようです。