Enjoy Father Life(父親であることを楽しむ)は、お風呂から!

お風呂
キッズとの楽しいバスタイムで、疲れもストレスもお湯に流してスッキリしちゃいましょう!
「ほら、東京タワー!」「うわー、すげぇー!」そんなほのぼのとした親子の入浴シーンが印象的な花王メリットの新CM。すでにご覧になった方も多いと思いますが、父と子の幸せなワンシーンに思わずホッとさせられますよね。

たまにはのんびりと、お風呂で子どもと会話を楽しむ。そんな至福のひと時に憧れを抱きつつも、毎日仕事が忙しく、大切にしたかった家族との時間は不足がち……。「子育てをもっと楽しみたい!」「父親であることをもっと楽しみたい!」。そう内心では思っていても、具体的にはどうしたらいいかわからず、きっかけすら掴めずに理想と現実とのギャップに悩むパパも多いことでしょう。

ですがガイドは、そんな忙しいパパだからこそ「キッズと楽しむバスタイム」を大切にしてほしいと思います。実は沐浴(もくよく)期から現在に至るまで、ガイドの「Enjoy Father Life(父親であることを楽しむ)」もお風呂抜きには語れません!

お風呂は裸同士の付き合いですから、子どもの成長が最も実感でる場所ですし、パパにとっては子どもと二人っきりで話ができる数少ない貴重な場所です。さらに、ママにとっては「パパと子どものバスタイム=子育てからちょっぴり解放されて一人になれる時間」でもあります。
つまり、子どもとふれあう時間が不足しているパパにとっても、一人の時間が不足しているママにとっても、お互いに不足している時間を作り出すきっかけともなるわけですから、新米パパにとっては赤ちゃん誕生直後からマスターしておきたい育児スキルの一つといってもいいでしょう。

最近は子育てに前向きなパパも増えてきましたが、初めてのお風呂は誰もがドキドキするものです。もちろんガイド自身もパパになった当時はそうでしたし、新米パパからは「ママがお風呂に入れるのを真似てやってはみるものの、どうも上手くできない。もっと上手にお風呂に入れるには、どうしたらいいの?」と相談を受けることも多いです。

そこで今回は、新米パパやプレパパにぜひ知ってほしいお風呂入れのテクニックから、入浴時のコミュニケーション術までをQ&A形式でお答えします!


【新米パパのお風呂の不安、解決Q&A】


>>キッズとお風呂、お湯の温度は?>>


前回お届けした記事は、
もっとワークライフ・バランスできる手帳術
<おすすめINDEX>
今日から実践!仕事と家庭の両立>>育児の分担