バンダナを使った応急手当 圧迫止血

救急バンダナ
 
1.圧迫止血の際は、バンダナを5cm程度の帯(包帯)状に折りたたみ、傷口を圧迫します。

救急バンダナ
 
2.結び目は傷口の裏側に作り、きつく締めすぎないように注意しましょう。

バンダナを使った応急手当 手足の保護

救急バンダナ
 
1.手の甲などの部位全体を保護したいときは、バンダナを三角巾(写真参照)のように使います。

救急バンダナ
 
2.写真のように三角形の頂点を折り返し、部位全体を包み込みます。

救急バンダナ
 
3.両端を巻き込み、袋状にして手首の位置で結びます。この際も締めすぎには注意しましょう。

バンダナを使った応急手当 提肘(ていちゅう)固定

救急バンダナ
 
1.「腕が痛くて動かない……」そんなときは骨折の疑いもあり、提肘(ていちゅう)固定が必要です。その際も、バンダナを三角巾の代替として用います。(写真参照)

救急バンダナ
 
2.写真のように手首や指先が目視できるように固定し、首の後ろで結びます。

救急バンダナ
 
3.余った部分は小さく結び、中に折り込んでしまいます。

<<この記事の最初へ戻る



前回お届けした記事は、
子連れ外食の秘策!おしぼりアートの作り方 [男の子育て]

そういえば、今月はハロウィンですね!
写真で解説 お化けかぼちゃの作り方 [男の子育て]
この秋、パパとハロウィーン・デビュー! [男の子育て]





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。