明日は運動会!ちょっとだけ速く走る方法って、ある?

明日は運動会!
運動会当日、パパママがもっとも興奮するのがキッズの短距離走!
いよいよ明日はキッズの運動会、「応援に行くから頑張れよー!」なんて声を掛けつつ、お弁当作りやデジカメ・ビデオの準備に余念のないパパママも、内心では「もしも我が子が、短距離走で一等賞だったら……」と淡い期待をかけていることでしょう。

そこで今回のテーマは、明日の運動会でちょっとだけ速く走る方法。一等賞にはなれなくとも即効性のある一夜漬け練習法で、ちょっとだけ速く走れるようになる裏ワザって、ないものでしょうか?

「脚を上げろ!腕を振れ!」なんて、急に言われても……

明日は運動会!
「脚を上げろ!腕を大きく振れ!」は、発育途上のキッズにはちょっと難しいのでは……?
速く走るためには右写真のように、「脚を上げる!腕を振る!」が出来ることが基本中の基本です。ですが、直前になってそんなアドバイスをしても大きな効果は期待できないのではないでしょうか?

なぜなら、そんな難しいランはやはり日頃の鍛錬の賜物であって、筋力のない発育途上の子供たちに、しかも一夜漬け程度の練習では無理な話です。アドバイスをしたところで肩に余計な力が入るだけで、「そんなこと言われても、急にはできないよ!」という子どもの方が多いでしょう。

ガイドが思うに、一夜漬けなら以下の3点に絞ったほうが効果的です。
  • 勢い良く、ロケットスタートをきめる
  • 前だけを見て、真っ直ぐに走る
  • スピードを緩めず、ゴールを駆け抜ける(※ 詳細は次ページ
いかがでしょう。「たったこれだけ!?」と思うかもしれませんが、キッズの短距離走ではこのポイントだけに意識を集中したほうが効果的ですし、直前アドバイスとしてはこれくらシンプルなほうが飲み込みも早いと思います。

それではさっそく、次ページで練習してみましょう!!

>>明日の運動会で、ちょっとだけ早く走る練習法!>>