奈良県 学力検査、調査書とも高校ごとに加重配点あり

奈良和歌山キャプションダミー

奈良県の入試では一般選抜に加えて特殊選抜も行われます

奈良の公立高校の入試制度は、2月下旬の特色選抜と3月中旬の一般選抜が基本の柱で、2次募集も行われます。2006年には2学区制がなくなり公立高校が県下56校なので選ぶのが大変かもしれませんが、交通網も発達しているので県下のどこでも通学は基本的には可能。そんな中でも奈良高校が県下全域から優秀な生徒を集めています。そのため合格点が高く、内申書もほとんど「5」でないと合格はおぼつかないよう。

先に行われる特色選抜の学力検査は、基本教科の国語・数学・英語の3科目のみで各40点計120点、そこに作文小論文が加わります。当然、調査書(内申)も加味して総合点が算出されます。特徴的なのは、面接がある場合はそれまでに自己アピール文を用意する必要があることです。

一般選抜では国語・数学・英語・理科・社会、各50点計250点ですが、各高校が重視する教科、または全体に加重配点を行う場合もありうるとされています。調査書(内申)は各教科15点×9教科計135点で、普通に加点すると約35%にあたり、かなりのウェイトを占めます。やはり内申は公立高校受験では外せない重要な要素です。
 

和歌山県 2009年より選抜形態が変更に

和歌山県の公立高校入試は、2008年度まで2月と3月に実施されていた前期・後期制を廃止し、試験を3月に各高校が独自に入試を行い選抜する一般選抜に一本化した。以前は前期・後期で1校ずつ選ぶことができたが、この制度変更により1校のみとなり、慎重な選択が必要とされることに。半年前の変更に保護者をはじめ動揺が広がった。制度としてなじむか今後に注目したい。

国語・数学・英語・理科・社会、各50分からなる学力検査は総合点の40~50%、さらに調査書(内申)40~50%の目安があるが、「特色を生かした選抜」をするために、面接や実技を実施したり、傾斜配点をすることもありえます。募集状況は発表され、それをみて一度だけ志望を変更することが可能。学校数が少ないためか、コンパクトで効率的な選抜方法といえるでしょう。

奈良・和歌山県高校受験制度 >>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。