クーラーを使わないで涼しくなる方法

エアコンばかりに頼らず、涼しく過ごす工夫をしたいものです

エアコンばかりに頼らず、涼しく過ごす工夫をしたいものです

地球温暖化の影響で年々夏の暑さは厳しくなり、この30~40年間で、東京などの都市では猛暑日(最高気温が35℃以上)がなんと3倍近くに増えているのだそう。

暑さの厳しい日はとくに、ついついエアコンに頼ってしまいがちですが、使いすぎはお財布にも体にもやさしくありません。そこで今回は、お金をかけずとも、ちょっとした工夫をすることで涼をとることができる方法をご紹介していきましょう。
 

保冷剤で首やわきの下を冷やして涼しくなる!

保冷剤は、買わなくても、ケーキなどを買うともらえることがあります

保冷剤は、買わなくても、ケーキなどを買うともらえることがあります

ケーキなどを買うとついてくる保冷剤を凍らせておき、タオルやハンカチで巻きます。それを、首の左右やわきの下に巻いておくと体が涼しく感じられます。というのも、首やわきの下には太い動脈が走っているので、この部分を冷やすと冷えた血液が全身に巡り、体温が低下するのです。

汗をかきやすい子どもをチャイルドシートに乗せるときも、この部分を冷やしてあげると汗が出にくくなりますよ。
 

風呂上がりに足を冷水につけて涼しくなる!

入浴後に足を水につけると、汗が引きます

入浴後に足を水につけると、汗が引きます

せっかくお風呂から上がっても、またすぐに汗をかいてしまったら、せっかくのサッパリした気分が台無しですよね。入浴後に汗を引かせるには、最後に足を冷水につけると効果的です。冷水によって一時的に皮膚表層の血液量が増えるので汗は出るのですが、結果的に汗の全体量を減らすことができます。
 

体温を下げる食べ物で涼しくなる!

みずみずしいトマト、なす、きゅうり

みずみずしいトマト、なす、きゅうり

スイカやキュウリ、冬瓜など、ウリ科の野菜には体温を下げる効果があるという説があります。特に冬瓜は漢方薬に用いられるほど、利尿作用があると考えられており、むくみ取りや夏バテ対策にピッタリ。他にもトマトやなす、とうもろこしなどの夏野菜も同様です。旬のものをたくさんとることは理にかなっているのですね。

また、バナナ、パイナップル、メロンなど、南国産の果物も熱を下げる働きがあるという説があるので、夏は積極的にとりいれましょう。
 

風通しをよくして涼しくなる!

暑い夏の味方、扇風機

暑い夏の味方、扇風機

無風のとき、扇風機を外に向けて回して対角の窓を開けると、部屋に風が入るようになります。窓が1つしかない部屋なら、ドアを開放しておくなどして、2カ所以上の開口部を確保するのがポイント。

また、風が入る窓が大きく、出るほうの窓が小さいと部屋の中を通る風にスピードが出て、涼しさが増します。窓を開ける幅を工夫するとよいでしょう。
 

朝や夕方の打ち水で涼しくなる!

昔ながらの風習、打ち水。朝夕の涼しい時間帯に行うとよし

昔ながらの風習、打ち水。朝夕の涼しい時間帯に行うとよし

日本に昔からある打ち水の風習が、見直されてきています。その効果とは、撒いた水が蒸発することで空気中の熱を奪い、わずかですが気温を下げるというもの。

地球温暖化対策キャンペーンの一環として、政府も打ち水を奨励しており、夏はあちこちで打ち水イベントが行われています。お風呂の残り湯を再利用し、朝夕の涼しい時間帯に行うのがベストです。
 

青系インテリアで涼感アップ!

青系インテリアで、視覚からも涼しさを取り入れてみて

青系インテリアで、視覚からも涼しさを取り入れてみて

青系色は、赤系色にくらべると感覚的に3℃前後涼しく感じさせる効果があるという説があります。面積が大きく目につきやすいものなら、さらに涼感もアップ。

カーテンやソファカバー、座布団カバーなどなら、手軽に交換できるので、夏場は青系統の色にチェンジしてみては。青系の絵やポスターなどを飾ってみるのもおすすめですよ。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。