アメリカで食事にかかるお金

とにかく何でも量が多いアメリカの食事

とにかく何でも量が多いアメリカの食事。ポテトの量が半端じゃない!

旅先の大きなお楽しみ……グルメ! 本場ならではの食べ物を食べたり、今まで見たこともない物を食べたり、初めての味付けに驚いたり。アメリカは食事代も、日本より安いので、思いっきりおいしいものを食べちゃいましょう。ですが、1皿でも量は日本の倍以上ありますので、頼みすぎには注意してください。

チップの目安

まずはレストランで食事をする時に重要なチップのお話から。アメリカのレストランでは必ずチップが必要です。目安は食事代の10~20%。トータルで200ドルの場合、30ドル程度払えばOKです。

レストランの予算

このボリュームで20ドル台

このボリュームで20ドル台

世界的に有名なお店や5つ星などの最高級レストランもありますが、ここでは地元の人や旅行者が気軽に入れるランクのレストランの目安を。

前菜が10ドル以下。ピザやパスタが20ドル台。ステーキで30~50ドル。デザートが8ドル前後。ドリンクは、ソフトドリンクが3ドル、アルコールが8ドルといったところ。前菜とメインディッシュ、デザートなどが付いたコースは、30~50ドル程度。

日本人の場合、2人で前菜1品、パスタ1品、ピザ1品も注文すれば、食べきれないほどの量があります。この場合、2人で合計50ドルちょっと。チップ込みでも60ドルくらいなので日本に比べると、結構安いですよね。

 

カフェの予算

レストランより値段が安く、食事のメニューが少ないカフェ。その代わり、ドリンクの種類は豊富です。食事メニューですと、ハンバーガーやサンドウィッチなどが1皿10ドル前後。パスタが12~15ドルです。ファミレスでの食事もこの価格帯のものがほとんどです。

ファーストフードの予算

このボリュームで1個5ドル程度

このボリュームで1個5ドル程度

アメリカにはハンバーガー、ホットドック、サンドウィッチ、チャイニーズ、コリアンなど様々なジャンルのファーストフードがあります。

料金の目安は、ドリンクやポテトなどのサイドディッシュが付いたセット(アメリカではコンボと呼ぶ)で、5~7ドル。こちらもレストランと同じで、ボリューム満点。日本からの旅行者でしたら、1つで2食分は十分あります。ファーストフードの場合、チップは必要ありません。

 

デリの予算

デリとは、サンドウィッチやコーヒーなどを販売している小さなお店のこと。日本でいうと街のお弁当屋さんをイメージすると、分かりやすいかもしれません。他にもスーパーのお総菜コーナーの様なところもデリと呼ばれます。

主にテイクアウト専門で、イートインのスペースはないか小さいところがほとんど。サンドウィッチなどは一点一点手作りされているのも特徴です。料金の目安は、サンドウィッチが3~5ドル。コーヒーが1.5~2ドル程度。通勤時に、朝食やランチに買って行く人が多いです。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。