カラフルな魚たちと戯れる、ハワイでシュノーケリング

オアフ島随一のシュノーケリングスポット、ハナウマ湾。美しいビーチを守るため、魚への餌付け禁止、砂や珊瑚等の持出禁止、珊瑚礁の上に立たない等のルールもある

オアフ島随一のシュノーケリングスポット、ハナウマ湾。美しいビーチを守るため、魚への餌付け禁止、砂や珊瑚等の持出禁止、珊瑚礁の上に立たない等のルールもある

シュノーケルのセットさえあれば、ビーチ近くの浅瀬で手軽に始められるシュノーケリング。オアフ島で一番の人気スポットは、エメラルドグリーンの海とサンゴ礁の間で熱帯魚が泳ぐハナウマ湾。現地にはシュノーケルのレンタルショップがあるほか、ワイキキ送迎とシュノーケルのレンタルがセットになった格安ツアーも催行しています。

引き潮時には磯遊びも楽しめるププケア・ビーチパーク(画像協力:オアフ観光局)

引き潮には磯遊びも楽しめるププケア・ビーチ(画像協力:オアフ観光局)

また、冬場は波が荒いノースショアも7~9月上旬には、絶好のシュノーケルポイントに。ププケア・ビーチパークのタイドプール、シャークスコーブは、ローカルにも人気のポイントです。こちらは、ノースショア観光と一緒にシュノーケリング、ボティボードが楽しめるカメレオン・トラベルのツアーなど、オプショナルツアーに参加するのがおススメ。

ダイビングで紹介したモロキニ島、ハワイ島コナ・コーストのケアラケクア湾も有名なシュノーケリングポイントです。船上ランチが付いたクルーズツアーがマウイ島、ハワイ島から出航しています。

<DATA>
HANAUMA BAY NATURE PRESERVE(ハナウマベイ 自然保護地域)
住所:7455 Kalaniana'ole Hwy. ワイキキから車で約30分、または、ザ・バス 22番利用
開園時間:夏季6:00~19:00(第2・4土曜のみ~22:00)、冬季6:00~18:00(第2土曜のみ~22:00)、夏季・冬季ともに火曜休園
入場料:大人5ドル、12歳以下とハワイ州居住者は無料。駐車場1ドル
TEL:インフォメーションライン(テープ案内・英語) 808-396-4229
※入場前に環境保護等に関する教育ビデオの鑑賞が義務付けられています。

CHAMELEON TRAVEL CLUB(カメレオン・トラベル・クラブ)
TEL:問い合わせ808-678-9110(日本時間7:00~16:00)
料金:ノースショア・アドベンチャー(マリンスポーツ付き)+ショッピングツアー95ドル。ほか、バーベキューランチ、ピクニックランチ付きのコースもあり


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。