Windowsをもっと速くするには

いまお使いのWindowsが遅いと感じていたら、ぜひお試しください。ちょっとした設定で、あなたのWindowsを速くすることができます。

たとえば、Windows Vista。その魅力のひとつは、Aero(エアロ)といわれるデザインの美しさにあるのですが、Windows VistaはAeroを実現するためにCPUの他にグラフィック処理専用のチップをフルに活用しています。そのため、ちょっと前のグラフィック処理速度が遅いパソコンでは、操作がモタモタすることもあります。

「Windows Vistaの優れたデザイン性には魅力を感じるが、快適な操作が一番」とお考えの方には、次の設定がおすすめです。

まず、デスクトップの空いている部分を右クリックします。ショートカットメニューが表示されたら[個人設定]をクリックします。

ウィンドウが開いたら、[ウィンドウの色とデザイン]をクリックします。続いて、一番したにある[詳細な色のオプションを設定…]をクリックしてください。

すると、[デザインの設定]ダイアログボックスが表示されますので、[Windows Vista ベーシック]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

Windowsの高速化


この設定をすると、Windows フリッップ 3D、グラスウィンドウ、ライブタスクバーなどのAero機能がオフになり、グラフィック処理速度が遅いパソコンでも快適に操作できるようになります。

この他にも、[Windowsの使い方]にはWindowsの高速化についての記事が用意されていますので、ぜひご利用ください。

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。