第3の要素「演出」はテーブルコーディネートの極意

フィギュアーのイメージ
中央トマトの塩コショウ入れはカジュアルなテーブルに。左下銀器の塩コショウ入れは少しフォーマルなテーブルに。
テーブルコーディネートの演出には、コーディネートする際の状況や個人のセンス、感性によって無限の表現方法、パターンがあります。そして、方向性やコンセプトを決めるために知っておくと便利なポイントがあります。
■目的を明確にする
誕生日パーティとか、お友達を招くとか、何の目的でコーディネートするかを明確にします。具体的にはいつ、どこで、だれと、何のために、どんな料理を、どんな食器で食べるかによってテーブルコーディネートの内容を決めましょう。

ひな祭りのコーディネート
■季節やイベントを上手にとり入れる
クリスマスやお正月、ひな祭り、端午の節句、母の日、父の日など節句や季節の行事、イベントは目的やイメージがはっきりつかめ、コーディネートのテーマ、コンセプトとして最適です。季節にあった料理の献立、クロスの色、器の絵柄、お花や果物など、季節を上手にとり入れましょう。

夏の海のコーディネートイメージ
■配色は大切な要素
最初は、テーブル全体の色を同系色でまとめて、どこか一部に反対色をアクセントカラーとして使うと上手にまとまります。たとえば、季節の色を取り入れ、夏なら全体のメインカラーを「海」のブルーに、さし色をイエローにするという方法があります。

キャンドルの光はコーディネートを素敵にしてくれる
■フィギュアーや照明を効果的に使う
最後は食卓の小物使いで決めます。アイキャッチとして、雰囲気を盛り上げる小物を仕上げに使います。夜は照明やキャンドルの光を使い素敵な演出をしてみましょう。

■過剰な飾りつけは避ける
食卓を、自分の好きな食器やクロス、お花や小物を使って、あれこれ飾る工夫は楽しいものです。ご家族や友人、お客様に喜んでいただけたら、楽しさは何倍にもなります。しかし、テーブルコーディネートはお食事をおいしくいただくことが目的です。また、相手を思いやる、おもてなしの気持ちが基本ですので、過剰な飾りつけは避けたいものです。

食空間コーディネート
■コーディネートの極意
テーブルの上だけではなく、部屋のインテリアや、ベランダ、テラス、お庭のガーデニングへと広げて楽しむこともできます。香り、色彩、照明、音楽も含めた幅広い楽しみ方があります。というと、なにか広々としたスペースと沢山の食器がなければテーブルコーディネートはできないと思われるかもしれませんが、そんなことは決してありません。ふだんの食卓空間のなかで、お手持ちの食器を組み合わせて素敵に使うこともコーディネートの極意です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。