第2の要素「ルール」はセッティングのきまりごと

洋食:基本のセッティングの一例
 
ここでは洋食のテーブルを例にご説明しますが、この法則は和食やエスニック、中華などさまざまな食卓にも応用できます。また、ルールは楽しく美味しく食事をいただくためにあるという点を念頭においておけば決して堅苦しいものではありません。
  • テーブルリネン、テーブルウェア、フィギュアーが綺麗で清潔

  • 料理が食べやすいように配置されていて、気持ちよく食事ができる

  • 料理と器、器とテーブルの色、形、大きさ、配置のバランスが良く美しい
一人分のスペースとして60cm以上の幅があれば、隣の人とひじがぶつかることはありません。セッティングは、「テーブルクロス→皿→カトラリー→右上にグラス→ナプキン→フィギュアー」の順序に並べましょう。またナプキンは、お皿の上かフォークの左に置くのが一般的です。