住まいのプロはおよそ玄関先を見ただけで、その家の中の様子から家族関係まで看破できるといいます。「住まいの顔」という、それほどまでに実は饒舌な「玄関」。この部分のお掃除は、つまり住まいのあらゆる場所に先んじて行っても無駄ではないのです。基本のポイントをしっかりマスターしておきましょう!

三和土(たたき)のお掃除

「三和土」なんて言葉、今ではなかなか見かけなくなりましたね。どう読んでも「さんわつち」と書いてありますが、これで「たたき」と読みます。

「玄関の三和土部分」というのは、かつて床を張らずに土のままあった場所(土間)を指します。現代では住まいによって石が張られていたり、タイルが敷きこまれていたり、コンクリートの打ち放しだったりします。

この「面」をすっきりと出し、元もとの「三和土」の素材を引き立たせることで、住まいには清浄感が増します。

■三和土掃除プロセス
  1. シューズボックス(下駄箱)から不要な靴をピックアップ。とりあえず紙袋や靴箱などに暫定的に除けておくだけでもOKです!
  2. 空いたスペースに靴をできるだけ全て収納し、三和土の上から履物を一掃
  3. 三和土の面の微細な砂ホコリを掃除機で吸い取り、ウエスやぞうきんで乾拭き
ただし多量の泥砂やペットの抜け毛などが三和土に溜まっている場合は、「ほうき」と「ちりとり」で除去しましょう。「ちりとり」は、折った新聞紙やチラシ紙で代用することも出来ます。

汚れがひどい場合には三和土の素材に合わせ、できるだけ本来の美しさに近づくように心がけて掃除します。

■磁器などのタイル
固く絞った雑巾で、特に目地部分の汚れに注意すると綺麗な印象に。ホコリ汚れだけならば洗剤は必要なし。

■コンクリート
水がしみこむので、できるだけ掃き掃除+掃除機で。こびりついた泥汚れなどは、乾いたたわしでこすり、掃除機で吸う。

■大理石、みかげ石などの自然石
水や「酸」(お酢やクエン酸)を嫌う。酸を使うと輝きが失われるので要注意。目地だけが汚い場合には、固く絞ったぞうきんの先を尖らせて、目地部分だけをぬぐいます。面の部分は乾いたウエスやぞうきんで拭きます。