幼稚園受験のメリット・デメリット

園庭
幼稚園受験のメリットは一貫教育にある
メリットとデメリットを考える際には、どんな視点で見るかによって異なってきます。まず、先着順や抽選のみで入園が決まる一般的な幼稚園との比較をしてみます。

■メリット
  • 系列小学校への内部進学制度がある
  • 系列学校と一貫教育をしている。理念がはっきりしている
  • 小学校受験に比べると子どもへの負担が小さい
  • 小学校受験の前に一度トライすることができる(チャンスの幅が広がる)
  • 小学校受験に理解がある。行事などが受験に配慮
  • 教室に通いやすい短めの保育時間
■デメリット
  • 何らかの選抜があり準備が必要
  • 男子は選択肢が少ない
  • 保育料以外の費用がかさむことが多い。幼児教室へ行くならなおさら
  • 内部進学時に振り落とされないよう、努力が必要
  • 高校までとしても15年間同じ学園で過ごすことになる
附属幼稚園を受験する一番大きなメリットは、教育理念がしっかりしている点でしょう。一般の幼稚園でも、もちろん子どもの成長をどのように助けるかを考えています。しかし、それは初等教育の入り口までです。たとえば、幼稚園から大学まで一貫教育をしている学校では、学園を巣立っていった先まで見通した理念を掲げています。

こうした理念は直接子どもに伝えられるわけではないのですが、あらゆる行動の指針となり先生の指導や運営方法に表れるものなのです。目に見えない部分の指針や基準のなかで2年、3年と過ごす内に、自然と身に付いていきます。初等教育の環境を選ぶという意味で、附属幼稚園を選択する意味は十分にあると言えます。