上場投資信託(ETF)は、例えて言うなら「外見は株、中身はインデックスファンド」の金融商品。インデックスファンドと同様、日経平均やTOPIXのような指数に連動するよう運用され、売買の方法は個別株と同様にリアルタイムで価格を見ながら売買することが可能です(ETFの特徴についてはETFののメリットとデメリットもご参照ください)。

現在、日本で購入できるETFには、国内の証券取引所に上場している「国内ETF」と海外の取引所に上場している「海外ETF」の二種類があります。その違いについて見ていきましょう。

国内ETFと海外ETFの違いその1)対象とする指数の種類

日本国内で買える国内ETFと海外ETFの投資対象市場

日本国内で買える国内ETFと海外ETFの投資対象市場(クリックすると拡大します)

2014年3月現在、東京証券取引所に上場する国内ETFの合計本数は155本(ETNを含めると178本)。ETFが登場した当初は、「TOPIX」や「日経225」などの国内株式指数に連動するETFのみでしたが、法や規定の改正がすすみ、海外の株式や債券、金などのコモディティー、REIT等の指数に連動するものが上場されるようになり、対象範囲が徐々に広がってきました。

国内株式に投資するタイプも種類が充実。中型株や小型株、新興市場、高配当銘柄など自分の戦略に合わせた投資が可能になっています。また、最近ではTOPIXの価格変動幅を抑えた運用を行うETFなど新しいタイプも登場するなど、選択肢は増え続けています(「国内株ETFの種類を一挙紹介!」をご参照ください)。

とはいえ、外国資産に投資するETFの種類や数の豊富さでは海外ETFに一日の長があります。公益事業やグリーンエネルギーなど、それぞれの分野で活躍する企業群をグローバルにカバーする指数に連動するものや、世界中の小型株市場の指数に連動するものなど、狙いを定めた海外投資ができるのは海外ETFならではの魅力です。

次のページでは、ETFを購入できる窓口を比べてみましょう。