1.株式投資の極意

判断基準1
株式投資の極意は「よい会社を安く買って高く売る」これにつきます。そのために買おうとしている株が「良いものかどうか」「安いものかどうか」見極めるための知識が必要になります。

どうでしょう?口にすればすごくシンプルで当たり前のことですよね。しかし、よい会社かどうか、安いものかどうか、これを判断するのは難しいことです。

もっと詳しく見ていきましょう。


2.株式投資の売買

あなたはパソコンを買うとき、どういったプロセスを踏んで購入しますか。

おそらく、

(1)自分の欲しい機能を備えたパソコンの候補をあげておく
(2)同じような性能のパソコンの価格を調べる
(3)家電量販店に行き店員の説明を聞いたり実際に見たり触ったりする
(4)各販売店の価格を調べてできるだけ安く購入

実際にこういった手順で実際に購入するのではないでしょうか。そうでなくとも最低限、そのパソコンが備えている機能は確認しますよね。

では株を買うときはどうするでしょうか。

(1)自分の欲しい(気になる)企業をリストアップ
(2)同じような業種や業績の企業を調べる
(3)会社四季報や、決算短信、チャートで詳細を調べる
(4)安いときに購入

どうでしょうか。
自動車や家を買うときも大抵の人は下調べをして買いますし、そうでなくとも店員の説明やチラシ、看板などから勝手に情報を得られますが、株は何も知らなくても、会社名と株数を指定するだけで簡単に買えてしまいます。パソコンの性能を調べるように、株の売買でも、会社の特色や、利益を生み出す仕組みなどを知って、会社の「性能」を調べなければいけません。

では、なぜこういった「下調べ」が重要なのでしょうか。
それは、そもそも株式投資とは何をする行為なのか、という本質を知る必要があります。

株式投資の本質とは?>>次のページへ

【関連記事】