毎月こつこつ積み立てるコツは?

2006年の金融資産保有平均額、30歳代の455万円に対し50歳代は1154万円です。教育費や住宅ローンなどを払いながら20年間に2.5倍強も資産を増やしています。私にはできない……、と思ったあなた、そんなことはありません。ちょっと計算してみましょう。

455万円を20年間2%で複利運用すると、20年後には約676万円になります。50歳代で1154万円を貯蓄するには、20年間に不足分478万円(1154万円?676万円=478万円)を貯めればいいのです。毎年いくら貯めればいいと思いますか?

20年間、年率2%(1年複利)の金融商品では、毎年約20万円(毎月約1.7万円)、年率3%では毎年約18万円(毎月約1.5万円)を積み立てるだけ! 毎月3万円積み立てることができるのであれば、年率2%では12年弱、3%では11年強の間がんばればいいのです。どうです、これならできそうでしょう。
係数表を使った計算式

このように、毎月こつこつと長~い期間複利運用しながら積み立てていくと、予想以上にお金が貯まることがわかります。毎月こつこつと貯めるコツは、次の4つです。
  • 無理のない金額でスタートし、余裕度にあわせ少しずつ金額をアップする
  • 給与天引きや自動積立の金融商品を利用する
  • 積立目標によっては融資の可能性を考える
  • 係数表を利用して目標達成が可能か、貯蓄期間や金額をチェックする
  • 目的に合う金融商品を選ぶ


【関連リンク】