携帯でいつでもどこでもトレードできちゃう

画像の代替テキスト
携帯さえあれば、ちょっとした時間にトレード可能。といっても、仕事中にトレードは、ちょっと問題あり?
空き時間で資産を増やす方法ということで、まずはツールの紹介から。空き時間を利用するのであれば、どこでもトレードができる「モバイルトレード」がオススメです。現在では多くの証券会社でモバイルサービスを提供しているので、今利用している会社にもきっとあると思います。

モバイルトレードをするためには、特にこれといった手続きは必要ありません。証券会社の口座を持っているのであれば、そのままログインができます。ただし、機種によってはサービスを受けられないこともあるので、注意が必要です。といっても、最近の機種であればほぼ対応可能になっているので、あまり気にすることもないかもしれません。

携帯でトレードをする場合は、やはりルールを守る必要はあります。携帯電話の使用が許可されていない場所でのトレードは、当然ながらしてはいけません。いくら、今がチャンスだといっても、それはルールなのでしっかりと守ることが大切です。また、あまりに夢中になりすぎて仕事に影響が出てしまうと、それは本末転倒。あくまで空いた時間にどこにいてもトレードができるということが、モバイルトレードの最大のメリットということを忘れてはいけませ。

慌てているときこそ、ボタンの押し間違えには注意を払いましょう。携帯の場合、パソコンのようにキーが大きいわけではなく、しかもボタンを押す回数も増えます。焦っていると画面の確認にも注意散漫となってしまいがちなので、誤発注には気をつけすぎるということはないと思います。


多機能のモバイルトレードツール

リアルタイムでチャートを見ながらのトレードをするのであってもご安心。チャート表示が当たり前ですし、注文も素早く行うことができます。

12月17日には、ジョインベスト証券から新たにモバイル専用のトレードツールがデビュー。その名も「mobile Express」。その特徴を3つに絞って紹介します。

画像の代替テキスト
パソコン版のジョインベスト・エクスプレスで好評の「エクスプレス注文」が、なんとモバイルでも利用可能。自動更新される板の状況を見ながら、シンプルな操作で、すばやく注文することができます。

簡単操作で注文の取消や訂正もOK。これなら、ここぞ!の投資のタイミングを逃すこともないかもしれません。

ちなみに、PC版のジョインベスト・エクスプレスの場合、リアルタイム更新される板情報を見ながら、マウス操作だけで発注ができます。いったん取引の種類や数量などの情報を設定しておけば、あとは注文する板をダブルクリックすればOK。簡単に書いていますが、実はトレード経験者の私の感想としては、これはとても便利な機能。やはり株価を入力すると手間が省けるのはとてもありがたい機能なのです。

画像の代替テキスト
気になる銘柄を最大200銘柄登録することができ、さらに画面上に表示される株価などの銘柄情報は、自動で更新されるので、素早く対応することができます。

200銘柄が登録できれば、おそらく気になる銘柄をすべて網羅できると思います。それをグッドタイミングで見ることができるのは、モバイルトレードでは欠かせない要素。


画像の代替テキスト
7つのテクニカル指標が表示可能。サイトのほうでは5つのテクニカル指標とあるのですが、あたらな情報とゲット!実は7種類あるのです。それは「移動平均」「一目均衡表」「MACD」「RSI」「ボリンジャー」「ストキャスティクス」「DMI」。

この中からチャートの組み合わせとして5つのパターンがあります。それが以下の組み合わせ。

1、「移動平均/出来高」(ローソク足・移動平均線・出来高)
2、ボリンジャー/MACD」(ローソク足・ボリンジャーバンド・MACD)
3、「一目均衡表/RSI」(ローソク足・一目均衡表・RSI)
4、移動平均/ストキャスティクス」(ローソク足・移動平均・スロー・ストキャスティクス)
5、「移動平均/DMI」(ローソク足・移動平均・DMI)

これだけの機能があれば、携帯でもPCでも変わりなくトレードができるかもしれません。

さて、次のページでは、夜なら時間があるんだけど…という人への朗報です!実は夜でも株が買えるのです!。次のページへ>>>