Mac OS Xでウイルスに感染したという事例はとても少ない(というか全世界でほぼゼロ)ですが、念のため日頃注意すべき点や、入手可能なソフトウェアの種類を覚えておきましょう。すでに解決している過去の事例にも目を通しておくと、いざというときの対応に慌てる必要はありません。


ウイルスを開いてしまわないための注意点

Windowsの世界では、ウイルスの多くはメールの添付ファイルから感染するようです。なお、アプリケーションでなくても、アプリケーションを悪用してウイルスをインストールするケースもありますので、見ず知らずのファイルは開かない方が良いでしょう。

【ウイルスに感染しないための注意事項】
  • 信頼できないメールの添付ファイルはアプリケーションでなくてもダブルクリックしない
    例えば、ワードに脆弱性があった場合、ワードファイルにプログラムを埋め込んで開いたときに実行することが可能になります。
  • ダイアログの文言はよく読む
    Mac OS Xでは初めて実行するアプリケーションが起動したときに、警告を表示します。この内容をよく確認しましょう。

    //imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/3/5/0/clamav.jpg
    意図せず勝手にこのダイアログが開いたりする場合は、なにか怪しいソフトが動作している可能性があります
  • インターネットのMac関連ニュースサイトをチェックして、ウイルスが出没していないか?確認しましょう。ウイルスチェックソフトだけでは完全にウイルスをシャットアウトできない場合もありますので、最新ニュースには常に注意しておきましょう。

ウイルスチェックが行えるソフトウェアのリンク

  • ClamXav…フリーのMac用ウィルスチェックソフト、英語のサイトですが、ダウンロードしたアプリケーションは日本語に対応しています。(ページ最下部にダウンロードリンクあり)
  • ノートンアンチウイルス for Macintosh…シマンテック製品
  • VirusBarrierMacにフォーカスした製品であるため、海外では高く評価されているようです。動作が高速なのも特徴。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。