文章:石津 史子(All About「年金」旧ガイド)

社会保険庁が、11月6日から12日までの年金週間にちなみ、年金制度への不信感の高い若年層向けの新しいサイト「国民年金って何?社会保険庁からのお知らせ」を11月1日に開設しました。従来からある社会保険庁の年金サイトよりも、平易な言葉で図などもたくさん取り入れ、明るいイメージで若者を意識して作られています。

サイトでは、国民年金の保険料の負担が始まる20歳を意識し、20歳代前半向けには、「年金は老後の年金だけではない」ことを説明しています。また、20歳代後半、30歳代前半、30歳代後半…という具合に年代別に分けて年金に必要性を述べています。

また、平成14年4月から届出先が住所地の国民年金の窓口から勤務先へ変更になる第3号被保険者の届けに関するお知らせや、新しく創設される国民年金の保険料の半額免除制度についても説明されていますので、現在収入が少なく保険料免除はしてもらえないけれど毎月の1万3300円を負担するのが困難な人は、必見だと思います。

「国民年金って何?社会保険庁からのお知らせ」
http://www.nenkin.go.jp

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。