保険料のところでみてきたように、月収(標準報酬月額)1に対して賞与(標準賞与額)が0.3か月分である場合に、厚生年金の年金額もほぼ同額になるように平成15年4月以降の加入期間に適用する給付乗率が定められています。(注:標準報酬月額の上限や1回あたりのボーナスの上限額を超える場合を除く)

ですから、平成15年3月までの年間に納めた保険料総額が平成15年4月以降の年間保険料総額とそれ程変わらなければ,厚生年金の年金額もほぼ同額になると考えればいいわけです。

さて、あなたの場合はいかがでしょうか?
ご自分の場合で、試算してみて下さいね♪

◆関連リンク
あなたの年金額をシミュレーション
あなたのギモンに回答!「国民年金基金」をもっと詳しく
世代別の人気年金プランはコチラ

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。