どんなときに弁護士に頼むか?

弁護士に相談
弁護士に依頼する際は、事前に法律相談などをして慎重に見極めよう
弁護士に依頼をする必要があるのはどんなときでしょうか? 様々なケースがありますが、例えば、こういうときです。

  1. 日常生活や商取引でトラブルにまきこまれた
  2. 会社や個人にかかわる法律相談や事務手続を頼みたい
  3. 犯罪をおかしたという理由で逮捕あるいは起訴された

1の例としては、貸したお金が返ってこない、借金が返せない、離婚問題をかかえている、交通事故の被害にあったが賠償金がもらえない、マンションの立ち退きを迫られている、商売相手が欠陥商品を売りつけた、上司のセクハラで困っている、悪徳商法の被害にあった、などです。

2の例としては、会社の組織や社内規定を整備したい、契約書の作成やチェックをお願いしたい、取引を進めるうえでの相談、相続対策のアドバイスがほしい、などです。

3の例としては、酔っ払って人を殴ってしまい逮捕された、交通事故で人を死亡させてしまった、などです。

このような相談があると、弁護士は依頼者のために、相手方との交渉、和解、裁判、調停の申立、仮差押などの保全手続き、その他各種手続きの代理、契約書類の作成、法律顧問、刑事事件での弁護活動などをします。