弁護士はどうやって探せばよい?

トラブルの解決にあたっては、弁護士と依頼者とが互いに信頼関係を構築することが大切です。したがって、なるべく信頼できる弁護士に依頼するべきです。

弁護士の探し方は複数あります。親族や知人の弁護士に依頼する、親族や知人に弁護士を紹介してもらう、各種の法律相談で見つける、法テラス、弁護士会で弁護士の紹介を受ける、インターネットのホームページなどで弁護士を探す、弁護士ドットコムなどの弁護士検索サイトで探す、プロファイルなどの専門家マッチングサービスで弁護士を探す、タウンページや電車のつり広告などで弁護士を探す、テレビ出演者や本の著作者などの有名弁護士に頼む、法律事務所の看板等を見て飛び込みで弁護士に依頼するなどの方法があります。なお、飛び込みでの依頼は断られることも多いです。

どんな弁護士に頼めばよいのか?

上記の方法で弁護士を探したからといって、直ちにその弁護士に依頼しなければならないわけではありません。まず法律相談などをしてみて、自分が望む解決をしてくれる弁護士かどうかを慎重に検討するべきです。複数の弁護士に法律相談してみるのもよいでしょう。その際に、注意するポイントとしては、依頼する案件の分野に詳しい弁護士かどうか、経験が豊富な弁護士かどうか、自分の話をよく聞いてくれるかどうか、人柄がいいか、自分との相性はどうか、親身になって対応してくれそうかどうか、などでしょう。