シングルの人でも親と同居している人は家賃や食費などの負担が少なく、一人暮らしの人から見たらうらやましく感じるものですが、「でも、その分きちんと親に納めている」という親同居シングルはどのくらいいるのでしょうか? そして、その金額はいったいいくらでしょうか?

親同居シングルの9割が親に頼っている

肩もみだけでごまかさないで!あなたは親にいくら納めていますか?他人の財布をのぞきながら、あなたの家計も見直してみましょう
2000年の国勢調査によると、20~34歳の若年の人口は2699万人、そのうち未婚者は1672万人となっており、結婚していない人が全体の6割強を占めています。そのうちの約7割(1124万人)が親と同居をしており、その割合は1990年以降、ほぼ横ばいとなっています。

全国20歳以上35歳未満の男女3000人を対象にした「若年層の意識実態調査」(2003年内閣府調査)でも同様に、シングルのうち親と同居している人の割合は約7割。そして、「家賃、食費、水道光熱費、電話代」といった基礎的な生活コストを親に頼っている人は9割いるという結果がでました。このうち、半分以上の基礎的な生活コストを親に依存している人の割合は、7~8割を占めています。


<基礎的生活コストの親への依存度>
資料:「若年層の意識実態調査」(2003年内閣府)


親にお金を納めている人の平均額は3.5万円

ほとんどの親同居シングルが基礎的な生活コストを親に頼っているという結果がでましたが、中にはきちんと親にお金を渡している人もいます。

親同居シングルの人のうち、親にお金を納めている人は約6割、金額は1ヶ月当たり3.5万円となっています。一方、非親同居シングルの場合は、約3割の人が1ヶ月当たり3万円のお金を納めており、親同居シングルよりも割合は少ないものの、金額的には5000円の差にとどまっています。

<親に納めているお金>
資料:「若年層の意識実態調査」(2003年内閣府)


でも、親と同居ならお金にもゆとりがありそうなものなのに、なぜ4割の人が親にお金を渡していないのでしょうか?