お部屋にキャンドル。そんな小さな変化から始まる心豊かな暮らし
お金は貯めたいけれど、節約なんてしたくない!という人も多いですね。でも、自由きままに使っていたら、お金がいくらあっても足りません。自分にとって価値あるものを見極めて、お金を上手に使いたいですね。そこで、今回は毎日の暮らしをワンランクアップさせる、心豊かな時間のためのお金の使い方を考えてみましょう。

毎日がおもてなし!生活を自分で演出してみよう

外資系企業に勤めるN子さん(30歳)は、日頃は仕事で忙しく、帰宅するのも夜遅くなりがちです。「でも、だからこそ、ONとOFFの切り替えを大切にしています」(N子さん)。

そう語るN子さんですが、以前は家に帰るとバタンキューと寝てしまい、毎日があわただしく、家の中も散かり放題。そんな生活でストレスが貯まり、仕事にも集中できなくなってしまったそうです。

「このままではいけない!生活を変えたい!と思い、たとえ短くても家にいる時間を充実させることを考えました。」(N子さん)

N子さんが最初に実践したのは、食卓を美しく彩ること。テーブルクロスや食器を新しく買いかえて、テーブルに花を飾ったりしました。

「夜は外食が多いので、朝は早起きして自分で食事を作り、ゆったりと食べる時間を持つことにしました。メニューは、パンにサラダ、スープなど簡単なものばかりですが、食卓をお洒落にしたことで、朝から優雅な気分になれます。1日をこういう気持ちでスタートさせると、仕事の時間も楽しくなり、あまり疲れなくなりました。」(N子さん)

それからN子さんは、ダイニングだけでなく、リビングや浴室などすべてお気に入りのインテリア、グッズでそろえ、夜もキャンドルの灯りやアロマの香りでリラックスするように生活を変えていきました。

「これまで、高級ブランド品を買うことでストレスを発散していたのですが、それは一時的な解決にしかならないし、衝動買いの後悔でまたストレスが貯まるという悪循環でした。今は、自分がHappyになるお金の使いどころがわかったので、無駄遣いも減り、気持ちにもゆとりができました。自分を大切にしてこそ、人にも優しくなれる。そして、それが新たなHappyを呼び込むのだとわかりました。」(N子さん)

食卓をいつもと違う雰囲気に変えたことで生活が変わり、自分らしさを発見したN子さん。自分自身をお客様のようにもてなしてあげる。そんなお金の使い方も素敵ですね。