岐阜の高校受験動向

特色化選抜の募集人員の上限がすべての学科で50%へと引き上げられ、特色化選抜はますます人気なると予測される可能性大

特色化選抜の募集人員の上限がすべての学科で50%へと引き上げられ、特色化選抜はますます人気なる可能性大

2009年岐阜県の公立高校の特色化選抜の出願状況は、全日制63校の募集定員5060人に対し、出願者は1万5438人で、平均倍率は前年と同じ3.05倍でした。志願倍率が高かったのが、普通科では各務原(区分1)の8.35倍、加納の7.21倍、大垣西(区分1)の6.90倍。職業科では岐阜各務野・ビジネス(区分1)の3.95倍、加茂農林・生物工学の3.30倍、岐阜農林・動物科学(区分1)の3.29倍でした。

2010年の動向は、不況の影響で公立志向がさらに高まると予測されます。さらに、制度の変更で特色化選抜の募集人員の上限が、20%から50%へと引き上げられました。全体としては、間口が広がることにより、特色化選抜での合格が容易になると考えられ、特に前年倍率の高かった各務原(8.35倍)、加納(7.21倍)、大垣西I(6.90倍)では倍率が大幅に下がることが予測されます。

しかし、特色化選抜での合格の可能性が高まると期待する受験生が増えることで、これまで難関校への受験を控えてきた受験生が強気の志願をしてくる可能性もあります。実はここが「落とし穴」になります。全体的な倍率は下がっても、実力のある受験生が集まり返って競争が激しくなる高校もあります。志望校選びには十分注意が必要です。

岐阜の私立高校は15校と他県に比べて特に少なく、私立高校を志願する受験生は元々少ない傾向にあります。また不況の影響もあり、今年は公立志向が高まる傾向にあります。これは私立高校を志望する受験生にとっては追い風で、2010年岐阜の私立高校は比較的入りやすい状況にあると言えるでしょう。
 

2010年度岐阜の高校入試日程

例年、岐阜の高校受験は1月中旬の私立高校推薦入試から始まります。公立高校は特色化選抜が2月中旬、一般入試が3月中旬に実施されます。2010年度の入試日程は次の通りです。

<推薦入試>
■1月16日(土)
大垣日本大学(奨学生・チャレンジ入試単願)、※岐阜聖徳学園、高山西(特待・推薦)、多治見西、帝京大学可児、美濃加茂(一般学業奨学生試験を含む)

■1月17日(日)
鶯谷、大垣日本大学(推薦単願)、岐阜女子、岐阜第一、岐阜東、済美、富田

■1月19日(火)
聖マリア女学院(専願)

■1月23日(土)
中京、麗澤瑞浪

■1月31日(日)
聖マリア女学院(併願)

<一般入試>
■1月30日(土)
岐阜第一、高山西(一般併願・専願)、中京、美濃加茂

■1月31日(日)
鶯谷、大垣日本大学(大垣会場)、※岐阜聖徳学園、岐阜女子、岐阜東、済美、聖マリア女学院、多治見西、帝京大学可児、富田

■2月5日(金)
大垣日本大学(岐阜会場、長浜会場)

■2月6日(土)
麗澤瑞浪

※岐阜聖徳学園大学附属と清翔が統合
 

2010年度岐阜の公立高校入試日程

□公立高校特色化選抜
試験実施日:2月9日(火) ※10日(水)にも実施する学校あり
合格発表:2月17日(水)

□公立高校一般選抜
試験実施日:3月11日(木) ※12日(金)にも実施する学校あり
合格発表:3月17日(水)

岐阜の高校受験制度>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。