高校入学までにかかる費用

高校入学までにかかる費用としては、塾にかかる費用、受験料、入学金がある
高校入学までにかかる費用としては、塾にかかる費用、受験料、入学金がある

受験にかかる費用として受験料、高校入学までにかかる費用として入学金があります。

公立高校入学までにかかる費用は非常に安いのが特徴で、東京都では入学考査料として2,200円、入学料(入学金)は5,650円です。公立高校を受験する場合は、費用がほとんどかからないと考えても良さそうですね。

しかし私立高校の場合は事情が異なります。例えば開成高校の場合、受験料(入学検定料)だけで25,000円、入学金が300,000円、さらに施設拡充資金として120,000円が必要になります。洛南高校の場合、受験料が20,000円、入学金が90,000円、さらに学園振興費として70,000円が必要になります。

私立高校の場合は各学校によって費用が異なります。一般的な私立高校では、開成や洛南ほど高額ではありませんが公立高校と比べるとずいぶん費用がかかるので注意しましょう。

なお、国立高校の場合は私立高校ほどではありませんが、それなりに費用がかかります。筑波大学付属駒場高校の場合、検定料が9,800円、入学料が56,400円となっています。

■公立高校(東京都立高校全日制)
・入学考査料……2,200円
・入学料……5,650円

■私立高校(開成高校)
・入学検定料……25,000円
・入学金……300,000円
・施設拡充資金……120,000円

■私立高校(洛南高校)
・受験料……20,000円
・入学金……90,000円
・学園振興費……70,000円

■国立高校(筑波大学付属駒場高校)
・検定料……9,800円
・入学料……56,400円

高校進学後にかかるお金 >>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。