高校1年間にかかるお金

平成18年度「子どもの学習費調査」(文部科学省)から、高校1年間にかかる学習費の内訳をまとめてみました。

■「高校1年間にかかる学習費の内訳(円)」(クリックで拡大)

※「補助学習費=家庭内学習費+家庭教師費等+学習塾費+その他」undefined平成18年度「子どもの学習費調査」(文部科学省より)

※「補助学習費=家庭内学習費+家庭教師費等+学習塾費+その他」 平成18年度「子どもの学習費調査」(文部科学省より)
 

授業料や通学関係費などの「学校教育費」は公立高校が343,922円、私立高校が785,289円、家庭学習や学習塾にかかる「学校外活動費」は、公立高校が176,581円、私立高校が259,945円となっています。

これらを合計した学習費の総額は、公立高校が520,503円、私立高校が1,045,234円で、私立高校の方が公立高校に比べてほぼ2倍の学習費がかかることがわかります。

私立高校では、特に「授業料」と「学校納付金」が高くなり、1ヶ月あたりの平均額はそれぞれ26,971円と18,029円となります。その他にも、遠方の学校に通学する生徒が多くなるため「通学関係費」が高くなる傾向にあります。
 

気になる学習塾にかかるお金

高校へ進学しても、家庭教師や学習塾にお世話になるケースが考えられます。学校外活動費を学年別に見てみると、公立高校1年生で148,036円(うち学習塾費50,243円)、私立高校1年生で194,129円(同84,112円)となっています。

大学受験を控える高校3年生になると、公立高校でも229,421円(同118,516円)、私立高校だと359,245円(同233,956円)もかかっています。

■「学年別の学校外活動費」

※(undefined)内は学習塾費undefined平成18年度「子どもの学習費調査」(文部科学省より)

※( )内は学習塾費 平成18年度「子どもの学習費調査」(文部科学省より)