お金は仕事をして給料をもらって増やしていきますが、それ以外にお金が増える方法はないでしょうか?今回は預金口座などでほとんど利息もつかないお金そのものに働いてもらう仕組みをご紹介します。

<Contents>
1.お金が働く仕組みをつくる
2.お金に色をつけて分別する
3.それぞれのお金の性格に応じて効率よく働かせる


お金が働く仕組みをつくる

企業が売上を上げるためにお金を増やすには経営資源であるヒト・モノ・カネを上手に活用しています。
企業の中で次の3つのシステムが有効に機能しているということです。

1.ヒトが働くシステム(人を雇って働いてもらう)
2.モノが働くシステム(不動産や設備・自動販売機など)
3.カネが働くシステム(事業投資・運用・融資など)

そして毎年利益をあげています。

この仕組みを我が家の家計にも取り入れたいものですね。
一般の家庭に置きかえて考えると、人を雇って稼いでもらうことや、アパートや広い土地を所有している人を除いて、モノに働いてもらうことは難しいことですが、お金に働いてもらうことは可能です。

逆の言い方をすると、皆さんの財産は長い間、利息をわずかしか産みださない預貯金に眠らせていませんか?
もしそうならユサユサと眠っているお金を揺り起こして、しっかり働いてもらいましょう!
今まではパパが働く、あるいはパパとママが働くから、これからは金も働きだすと家計はグンとゆとりがでますよ~。

お金に色をつけて分別する 次のページへ