「預金では物価上昇に勝てない」「超低金利の中で預金商品には魅力はない」という考えをもっているガイドの平田ではありますが、今回はあえてちまたにあふれる預金商品の中から面白い預金をピックアップしてご紹介します。冬のボーナスの行き先の情報収集としてもチェックしてみてください!

【Contents】
1.あったあった!古き良き日本のローテク預金(1ページ目)
2.定期預金で夢をつかむ!「宝くじ景品付き定期預金」(2ページ目)
3.わがままな高金利1.1%の定期預金「パワード・ワンプラス」(3ページ目)
4.最近目につく「決済用預金」ってナニ?(4ページ目)

あったあった!古き良き日本のローテク預金

ハイテクという言葉でさえ古くなってしまった感のある今日この頃ですが、ネット社会・情報社会の中にあるんですね~こんな預金。その名もがんじがらめの安心口座「盗人御用」。好きだなぁ・・・こういうの。

巣鴨信用金庫で取り扱うこの預金商品は、基本的に「普通預金」「貯蓄預金」「決済用普通預金」なのですが、特徴的なのはハイテクなどの技術に頼ることなく、人(預金者)と人(銀行)のコミュニケーションに特化したセキュリティシステムをもっているということです。

<主な特徴>

●引出しの都度、本人確認のための写真付き公的書類を提示
※そして合言葉で補完!⇒「好きな映画は?」「好きだった科目は?」「趣味は?」など
●キャッシュカードは発行しない
●引出しは「本人のみ」「取引店のみ」「窓口」限定
(入金、記帳は同行の本店・支店の窓口やATMでも利用可能)
(公共料金などの自動振替は通常どおり可能)
●1日あたりの「出金限度額」を指定
●口座利用手数料 1,260円(年額)

キャッシュカードは不安、通帳や印鑑の盗難が不安という方にはうってつけですね。銀行の窓口で「好きな食べ物はなんですか?」と聞かれ「きつねうどん!」などと答えながら引出しを行なう風情がなんともいえない味をだしてますね~。せちがらい世の中で温かい人と人のつながりに光をさすこの預金、皆さんもいかがですか?ちなみにこの信用金庫には「お地蔵さん預金」という名称の預金商品もあります。さすがお年寄りの町巣鴨!って感じですね。ナイスネーミング!

定期預金で夢をつかむ!「宝くじ景品付き定期預金」 次のページへ