映像編集・加工ソフトなら、マイクロソフト製「Windows Live ムービー メーカー」

上記のようなそれぞれの機能に特化したものではなく、映像に文字を入れたりカット割りを行うといった、本格的な映像編集を行うソフトはどうでしょうか。

このジャンルは、画像加工ソフトと同様に機能がピンからキリまであります。自分の実現したい「編集」がどこまでのクオリティを求めるものなのかをあらかじめ明らかにしておきましょう。ホームビデオにちょっとしたキャプション(文字説明)を挿入する、単純に要らないシーンをカットして継ぎはぎをするという形で編集するといったレベルであれば、フリーソフトで十分です。

ここではマイクロソフトがフリーソフトとして提供している「Windows Live ムービー メーカー」をご紹介します。
マイクロソフト製なので、安心して使える「Windows Live ムービーメーカー」

マイクロソフト製なので、安心して使える「Windows Live ムービーメーカー」


「Windows Live ムービーメーカー」は、マイクロソフトが提供している「Windows Live」という無料ソフト群に含まれる動画編集ソフトです。Windows7に最適化されたこのソフトはシンプルですが一通りの機能を備えているので、一番最初に使うソフトとして適しています。このソフトで物足りなくなってきたら、物足りない方向性を考えながら別のフリーソフトを探すことをおすすめします。

【関連サイト】
Windows付属の動画編集ソフト「Windowsムービー メーカー」の使い方(1)(出典:ブログレーダー)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。