クレジットカードや銀行のカードで、お金を借りる「キャッシング」と「カードローン」。どちらも、カードを使うんでしょ?どう違うの?利息や手数料は?返済方法は?という、素朴な疑問にお答えします。

その1 「キャッシング」と「カードローン」の違い
その2 カードの種類
その3 返済方法と金利、手数料



その1 「キャッシング」と「カードローン」の違い

「キャッシング」

・お金をATMやCDから、引き出すこと。
・カードを使って、翌月一括払いで返済するお金の借り方。

キャッシングというと、お金を引き出す行為の事を言ったり、翌月一括払いの返済方法をさしたりします。
会社によっても、「キャッシング」の言葉の意味がが違うので「キャッシング」で、リボ払いが出来たりします。

「カードローン」

・カードを使って、お金をATMやCDから(又は、直接窓口で)お金を借りること。
・返済は、多くの場合一括払いではなく、分割払い(リボルビング払い)。


その2 カードの種類

無担保、無保証でお金を借りるカードは、大きく分けて3種類です。

銀行のローンカード 

銀行のカードというと、自分の口座からお金をおろすキャッシュカードが思い浮かびます。キャッシュカードは、自分の定期預金を担保にその9割までお金を借りることは出来ますが、それ以上は借りられません。それ以上のお金を、車を買う、家を建てる等の特別な目的以外で借りる時は、カードローンの申込をします。

クレジットカード

いつもショッピングで利用しているクレジットカードでも、お金を借りることが出来ます。毎月送られて来るカード利用明細に、「キャッシング限度額」と、「カードローン限度額」が書かれています。同じカード会社のカードを何枚も持っていても、限度額はその合計ではなく、一番高い金額が限度額となります。

キャッシングカード、ローンカード

ショッピングには使えない、お金を借りるための専用カードです。クレジットカード会社、信販会社、消費者金融が発行しています。申込をして審査に通れば、カードが手元に届く前でも自分の口座にお金を振り込んでもらうことも出来ます。