返済方法

自分に合った返済方法を選ぶ
まずはネットでシミュレーション

あなたにあった返済方法は?
せっかく金利の低い所で借りても、返済方法を考えなければ金利差はあっという間に吹き飛んでしまいます。

■シミュレーション
元金10万円
★年利28% 月々1万円ずつ返済
返済回数・・・・・・12回
利息合計・・・・・・約1万5,000円

★年利18% 月々3,000円ずつ返済
返済回数・・・・・・47回
利息合計・・・・・・約3万9,000円

金利差は10%もあるのに、最低返済額だけを払っているとなかなか元金が減らず、この例では倍以上も利息を払う事になります。金利が低いから、安心ではなくメリットを最大限に活かせるように返済額を選びましょう。

■タイプ別、返済方法は?
今は各社のホームページで、シミュレーションが出来るようになっています。借りる前はもちろんですが、借りた後も残高をチェックしたり、臨時返済等のシミュレーションをしてみましょう。

★またピンチになったら借りるかも・・・
月々一定額の返済方法を選び、無理の無い返済額でシミュレーションします。「ナイトカリール」タイプの人は、毎月少しずつ余裕を持たせて、貯金の増やす+臨時返済を心がけます。余裕の部分でまた借入をしてしまうと、返済出来なくなった時に借金で借金を返す事になってしまいます。

★あると使ってしまう
口座から引き落としが出来る所を選びます。返済日までにATMに行けなかったり、行くのが面倒になったら「アルトツカーウ」タイプの人は、返済額も「ま、いっか」と使ってしまうので、強制的に給料日などの直後に月々一定額を引き落とすのが一番です。

★臨時返済が出来る
近所にコンビニや、提携銀行がありまめに返済出来る「マメニカエース」タイプの人は、残高スライドリボ払い等で、残高に応じて返済額が減っても今までとの差額を臨時返済すれば、順調に返済出来ます。

少しのお金でも、借りれば利息を払わなくてはいけません。大切なお金を払うのですから、金利だけでなく自分の返済計画にあった返済が出来るかどうかで借入先を選びましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。