こんな人が個人再生の利用に向いている

  1. 住宅ローンを抱えていて、これからのために自宅を手放したくない人
  2. 多額の借金はあるが、収入は安定している人。
  3. 特定調停、任意整理では解決できない人。
  4. 自己破産したくない人、もしくは何らかの理由で破産できない人
    (たとえば過去7年以内に破産したことがあったり、破産すると資格制限などの関係で仕事の面に影響が出てしまうなど)

おさらいです。大まかな流れはこのようになります。

住宅ローンがあり、それ以外に550万円の借金があるとします。
その550万円の借金を利息制限法の金利に引き直したところ、450万円の債務だとわかりました。その450万円の債務はこの制度により元本カットされ、減額が最大の100万円になりました。それを原則3年返済なので、毎月の返済額は手数料など含め3万円ほどです。
よって、住宅ローン+3万円(住宅ローン以外の借金分)を3年間返済していくことになります。


個人再生により、確実に借金解決法に大きな選択肢が広がりました。事実、自己破産しかないと思われるケースでも、個人再生により解決できた実例を日々よく目の当たりにします
特定調停、任意整理の限界や、自己破産のデメリットを補えるように考えられていると感じる強烈な制度です。
この制度を利用するには、一つひとつの要件を満たしていかなければ実現はできません。ただ、借金が大きく減額になるからというだけで、飛びつくものではありません。どうしても返せなく、手続後の家計に無理がないことが、なりよりも大切です。

関連リンク
借金解決のための4つの方法[All About お金を借りる・返す]
住宅ローンによる家計圧迫解消法[All About お金を借りる・返す]
ブラックリストの謎を追え![All About お金を借りる・返す]
『個人信用情報』を見に行こう![All About お金を借りる・返す]
「借金苦の最後の手段」自己破産 [All About お金を借りる・返す]

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。