車はやっぱり高額な買い物

自動車ローン「影の値引き」をしてもらおう!
自動車は高い買い物。たくさん値引きしてほしいけど、それも限界なら、あとは…。
自動車の購入は意外に時間と手間がかかります。逆を言えば、手間をかけないと気に入ったものが選べないし、安く買うことが出来ないとも言えます。また、一度や二度みに行っただけで購入できるほど、安い買い物ではありませんよね。

いろいろな車種を比較して自分が欲しい車を選んで行くと、気になるのはやっぱり“支払い”。少しでも安く抑え、お得に買いたいものです。現金で購入するなら、車の値引きだけを気にすればよいのですが、ローンを使って購入する場合、値引きの他にも毎月の支払い額が気になります。

値引き交渉だけが交渉のすべてではない!

欲しい車をローンで購入するとしましょう。セールスマンと車の値引き交渉を重ね、毎月支払えそうな金額になったら契約、というのが通常の流れでしょう。しかし、契約の前に“ひと手間”かけると、支払額が抑えられることもあります。

それはズバリ、“ローン金利の交渉”。自動車ディーラー系ローンの金利は、低いとは言っても高額商品なため、少しの金利差でも総支払額に影響します。そこがポイントなのです。

値引きも限界、毎月の支払い額も予算以上…となれば、購入を諦めてしまいそうですが、頭の中は既に「車購入モード」。せっかく何度も交渉し、話を煮詰めると簡単に諦めたくない心情になってきます。となれば、値引き交渉にこだわるのではなく、ローン金利の交渉に切り替えてみるのです。

金利の枠? 実はローン金利にも違いがある!

ローン金利は、同じメーカーでも系列・経営の異なるディーラー(東京日産と日産プリンス東京など)でも実は異なります。さらに、系列・経営が同じディーラーであっても、そのお店ごとに「金利の枠」を持っている場合があります。もっと言うと、同じお店でも各セールスマンによって異なる「金利の枠」を持っていることもあるのです。
最近は車種ごとに低金利を初めから設定している場合がありますが、欲しい車がその対象から外れていても、交渉次第で低金利が使える場合もあるのです。

交渉しても金利が思うように下がらない場合は、金利の低い「信販・クレジット会社」を紹介してもらうというのも一手段です。自分で直接「信販・クレジット会社」を利用するより、セールスマンから紹介してもらったら金利が安くなったという話も耳にします。