ショッピング枠なのに現金?

ショッピング枠でお金を借りる!?
「ショッピング枠を現金化します」こんなチラシを見たことありませんか?
「ショッピング枠を現金化」こんな広告を街角の看板やポスティングのチラシなどで見たことがあるでしょう。
クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまい、それでも現金を必要としている人などは、つい利用してみたくなる魅力的なものですね。でも、本当にショッピング枠をキャッシング枠と同じようにできるわけはなく注意が必要です。では実際どういうことなのか、これから簡単に紹介していきます。

どうやって現金を手にできる?

「ショッピング枠を現金化」は、クレジットカードで買ったものを現金で買い取ってくれる仕組みです。買い物したものを何でも買い取ってくれるわけではなく、ブランドのバッグや家電製品など業者が指示する高額商品をクレジットカードで購入し、買い取ってもらいます。

この商品の買い取り価格は、購入代金と同じではありません。一度手にした商品は「中古品」となってしまうため、買い取り価格は購入代金の8割かそれ以下の場合がほとんど。ひどい場合は3割程度ということもあります。
つまり、10万円のテレビを買って業者に3~8万円で買い取ってもらうことで、ショッピング枠の3~8万円が現金になったということです。これが「ショッピング枠を現金化」ということなのです。

これを利用すると、より深い借金の渦に巻き込まれることになりかねません。どのようなことなのか、次のページでお伝えします。