退職・転職では健康保険の手続きも必要

会社を退職して転職活動をする人にとって、雇用保険の給付が大きな関心事になりますね。でも、他にも大切なものがあります。それは、健康保険や年金の「社会保険」。 これらの手続きを忘れていると、病気になった時に困ったり、老後の生活に深く関わってきます。


退職後の健康保険の加入については、3つの選択肢が

退職後の健康保険の加入については、3つの選択肢が


退職後の健康保険の加入については、3つの選択肢があります。それぞれの加入方法の特徴について押さえておきましょう。

退職の翌日には健康保険が切れる!

健康保険は、医療費の自己負担が3割になったり、1カ月に多額の医療費を負担した場合には「高額医療費」が支給されたり……など、病気になった時の負担を軽くしてくれるものです。

在職中は、会社経由で強制的に加入していた「健康保険」ですが、退職すると次の日にはその健康保険の被保険者ではなくなります。 イザという時のために、1日のブランクもないように健康保険の加入手続きを行いましょう。

退職後の健康保険は3種類から選ぶ

退職後の健康保険の選択肢は以下の3つです。

(1)国民健康保険に加入する
(2)任意継続被保険者になる
(3)被扶養者になる

(1)の国民健康保険は、地域保険として自営業者や退職者などが加入している健康保険で、市町村が運営しています。(2)の任意継続被保険者は、それまで加入していた政府管掌健康保険や組合管掌健康保険にそのまま加入するもの。(3)の被扶養者になるというのは、家族の健康保険の被扶養者になるというものです。

どの健康保険も、医療費の自己負担は3割と同じものです。となると、支払うべき保険料が、どの保険に加入にするかを判断する主なポイントとなるでしょう。

次のページで、3つの選択肢についてその特徴と保険料負担などを説明しましょう。