失業給付金の額は「退職理由」に左右される

退職時にお金の面で心強いのが、雇用保険の基本手当(失業給付)です。「転職前にチェック!雇用保険の失業給付」でも紹介したように、この基本手当は年齢や勤務期間、退職理由によって支給日数が変わります。

安心して転職活動を行うためには、手当てが少しでも長く支給されると嬉しいもの。支給日数を決める要因の中でも大きな影響があるのが「退職理由」です。

会社を辞める時、一番気になるのはお金。収入がゼロでもお金は必要

会社を辞める時、一番気になるのはお金。収入がゼロでもお金は必要


では、この退職理由はどのような種類があって、それによって失業給付はどうやって決まるのでしょうか?

失業給付金は、在職中の賃金がベース

まずは、雇用保険の基本手当(失業給付)のおさらいからしておきましょう。 一般的な基本手当が支給されるのは、以下の2つの要件があてはまる人です。
  • 就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、職業に就くことができない「失業の状態」にあること
  • 離職の日以前2年間に、雇用保険に加入していた月(賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある)が通算して12カ月以上あること
    (期間の定めがある労働契約の期間が満了し契約更新がなかった人、病気や妊娠など正当な理由で離職した人、会社の倒産、解雇などで離職をした人は、離職の日以前1年間に6か月以上の被保険者期間でOK)

では、実際にいくら支払われるかというと、1日当たりの支給金額(基本手当日額)は、在職中の賃金をもとに計算されます。また、年齢区分ごとに上限額が決められています。詳しくは、「転職前にチェック!雇用保険の失業給付」を参照して下さい。

給付日数のポイントは退職理由

雇用保険の失業給付(基本手当)の給付日数表。90日から360日まで条件によって支給日数が変わる

雇用保険の失業給付(基本手当)の給付日数表。90日から360日まで条件によって支給日数が変わる


上は、雇用保険の基本手当(失業給付)の給付日数の表です。

例えば、一般離職者の支給日数は、年齢に関わらず被保険者期間が1年以上10年未満で90日、10年以上20年未満で120日、20年以上で150日となっています。

しかし、倒産・解雇などにより離職を余儀なくされた特定受給資格者になると、年齢によって支給日数が変わってきます。例えば、被保険者期間が5年以上10年未満の時、30歳未満だと120日、45歳未満で180日、60歳未満で240日となっており、自己都合で退職した時より全年齢層で優遇されています。ま た、年齢があがるにつれ、その優遇度はアップしており、一般離職者とかなりの差がでてきています。

このように、一般離職者と特定受給資格者では支給日数に差があり、総支給額もかなり変わってきます。この一般離職者と特定受給資格者はどのようにして決まるのでしょうか?

倒産・解雇は特定受給資格者に

失業したときに給付される雇用保険の基本手当(失業給付)ですが、特定受給資格者になると支給日数が優遇されていました。この特定受給資格者は、どのような人が該当するのでしょうか?

特定受給資格者の範囲は、
  • 倒産や事業所による大量雇用変動(1か月に30人以上の離職など)
  • 事業所の廃止
  • 事業所の移転により通勤ができなくなった
といったケースが該当します。また、
  • 解雇(懲戒解雇などは除かれます)
  • 労働条件が著しく事実と違っていた
  • 退職勧奨に応じた
などの場合も当てはまります。

倒産や解雇、賃金が支払われないなど止むを得ない退職の場合は、失業手当も優遇される。ハローワークで申請したい

倒産や解雇、賃金が支払われないなど止むを得ない退職の場合は、失業手当も優遇される。ハローワークで申請したい


賃金が支払われなかったり(3分の1を超える額が支払期日までに支払われなかった月が引き続き2カ月以上)、引き下げられたり(85%未満に低下)した時も特定受給資格者となります。

長時間残業やセクハラでもOK

労働時間が異常に多いことが理由で離職した場合も、特定受給資格者の対象になります。具体的には、離職直前3カ月間に連続して労働基準法の規定時間(各月45時間)を超える時間外労働が行われた時です。また、職種転換をした時に、会社側が必要な配慮を行わなかったことが理由でも該当します。

職場でのセクシュアルハラスメントや嫌がらせが理由で退職した場合も、会社がその事実を知っていながら、一定期間経過をしても会社が改善措置を行われていなかったのなら対象となる場合もあります。

被保険者期間が半年でも受給可能

基本手当の受給資格は、離職前2年間に被保険者期間が通算して12カ月以上は必要です。ただし、特定受給資格者は離職前1年間に通算6カ月の被保険者期間があれば受給資格を得ることができます。

他に、「特定理由離職者」に該当すれば、離職前1年間に6カ月の被保険者期間があれば受給資格を得る場合もあります。この特定理由離職者どのような条件の人が認定されるのでしょうか?

雇止めで特定理由離職者に

期間の定めがある労働契約の期間が満了し、更新を希望したものの離職となった人は、特定理由離職者になります。派遣や契約社員などが雇止めにあった場合などですね。

この場合は、特定理由離職者として、倒産などで離職した特定受給資格者と同様の条件で失業手当を受給することができます(離職の日が平成21年3月31日から平成26年3月31日までに限る)。

妊娠、出産、育児でも特定理由離職者に

また、正当な理由で離職した人は特定理由離職者になれる場合があります。離職の日が平成21年3月31日から平成29年3月31日までの場合で、離職の前2年間に被保険者期間が12カ月以上はないけれど、離職前1年間に被保険者期間が6か月以上ある場合は、特定受給資格者と同様の給付内容となります。

一般離職者であれば、被保険者期間が1年未満だと基本手当を受給することができないところ、正当な理由で離職した特定理由離職者であれば半年以上で受給できるということですね(被保険者期間が1年以上ある場合は、一般離職者の受給日数となります)。

特定理由離職者になれる正当な理由とは、どういうものでしょうか? 例えば、妊娠、出産、育児の場合ですね。この時は「受給期間延長」を受けなくてはいけません。失業給付は、働ける環境なのに就職できない時に支給されるものです。妊娠や出産、育児の時は、働ける状態になるまで給付を待ってもらわなくてはいけません。

妊娠、出産、育児が理由で仕事を辞める女性は多い。失業手当は受給期間延長ができるので、安心して就職活動を行える

妊娠、出産、育児が理由で仕事を辞める女性は多い。失業手当は受給期間延長ができるので、安心して就職活動を行える


雇用保険の受給期間は1年間(離職した日の翌日から)なのですが、働ける状態でなければ受給期間は延長しましょうというのが「受給期間延長」。受給期間は最長で4年間。この受給期間延長を受ければ、妊娠や出産でも特定受給資格者になれます。

結婚で引っ越しでも対象に

通勤が難しくなり退職したという場合も、正当な理由になります。例えば、結婚や配偶者の転勤や転職で引越しをして通勤ができなくなった場合です。

鉄道やバスなどが廃止されて通勤が困難になったという時もOK。退職の原因が自分の意思ではなく、仕方なく退職となったという場合は、正当な理由とされる可能性が高くなります。 このように、正当な理由での離職はかなり広範囲にわたっています。

ハローワークでどれだけ説明できるかがポイント!

このように、雇用保険の基本手当(失業給付)の給付にあたって、特定受給資格者や特定理由離職者、一般離職者とでは支給日数や支給要件に大きな差があることがわかります。どれに認定されるかは、かなり大きなポイントですね。

この認定は、ハローワークが個別に行うものです。自分自身が退職した理由をきちんと判断してもらいましょう。長時間勤務や体調を壊したなどという理由で退職した場合は、仕事がどれだけハードだったか、実際の勤務時間がどれくらいだったかをきちんと説明することです。タイムカードや賃金台帳、給与明細などの資料も忘れずに持参しましょう。

セクハラなどが理由である場合は、客観的に証明できるものが必要です。会社や人事担当者、公共機関に相談に行ったことを説明できるようなものを準備しましょう。他の理由でも、それぞれの理由を証明する資料が必要になりますから、必要になる資料を事前に調べておくと安心ですね。

雇用保険の基本手当(失業給付)は、再就職の活動のためにとても重要なポイントです。自己都合とはいえ、止むを得ず退職した人は、特定受給資格者になれるかもしれませんので、退職前にしっかりとチェックをしてください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。