お年玉
将来の学費、結婚式、マイホーム!いつかきっと役に立つはず。

子どもの大切なお年玉、しっかり貯金したいですね。今までは、国の保証と全国どこでもあるという理由で郵便局が人気でした。

しかし、民営化で郵便局も普通の銀行と変わらなくなり、今はどの銀行も提携銀行や、コンビニで出入金出来るようになりました。ネット専用バンクならそもそも店舗がないので、日本中どこでも手続きが出来ますし、未成年でも親の同意書と本人確認書があれば口座も開設出来るところもあります。

では、一体どこに預けるのがいいのでしょう?

金利で選ぶ!


「低金利だからどの銀行に預けても、変わらないのでは?」と思っていませんか。都市銀行の普通預金の金利は0.2%ですが、キャンペーン金利や、銀行が満期を決める仕組み定期なら1%も夢ではありません。この金利の差だと、20年後はどれくらい違いがでるのでしょうか?

■10万円20年後の利子は?
0.2%・・・・・4078円
1%・・・・・2万2079円
その差、1万8000円です。

小学生のお年玉の平均は2万3689円(2008年小学館ネットくん調査隊)ですから、出産祝いでもらったお金や、おこづかいなども合わせて貯めると将来はもっと差が出ることになります。

■1%以上の定期預金なら
お年玉をもらう時期は、銀行がちょうどボーナスキャンペーンをしている時期です。最低預け入れ金額が100万円と高いところがほとんどですが、うれしいことに、1000円から預け入れできる所もあります。

住信SBIネット銀行「円定期預金特別金利キャンペーン」
2008年3月31日まで。最低預入金額1000円。18歳以上口座開設可。
6ヶ月・・1.0%
1年・・・1.2%

ソニー銀行「2007年冬のボーナスシーズン特別金利」
2008年3月2日まで。最低預入金額10万円。未成年も口座開設可。
10万円以上100万未満の金利
1年・・・1.085%
7年・・・1.003%
10年・・ 1.191%

イーバンク銀行、満期特約定期預金「アコーディオン7」
満期は4年か7年(銀行が決めます)最低預入金額10万円、10万円単位。未成年も口座開設可。中途解約は原則できません。
金利・・・1.3%


長い間1%以下の低金利になれてしまったので、久しぶりに1%以上の預金金利を見ると新鮮ですね。次のページでは、預貯金以外の預け先を見てみましょう。