子供やペットを取るときにおすすめのデジタル一眼用レンズ

各社のレンズマウントでおすすめの単焦点レンズを挙げていきましょう。

・キヤノン EFレンズ 50mm F1.8 II
単焦点レンズお試し版ともいうべきレンズ。口の悪い人が「ちょっと高めのボディキャップ」と呼ぶように価格は1万円以下。キヤノンのEFレンズの中でも写りのよさと価格を天秤にかけたコストパフォーマンスではピカイチのレンズといえます。これを使って単焦点に興味がわいたなら、キヤノンの85mm/F1.4やシグマの30mm/F1.4なども揃えていくといいでしょう。


ソニー αレンズ カールツァイス Planar T* 85mm F1.4 ZA
定価で18万9000円とやたらに高いレンズですが、ミノルタ伝統の柔らかい描写をする85mm F1.4GリミテッドにT*コーティングが施された逸品。筆者は旧85mm F1.4Gが使いたかったがためにミノルタユーザーになったほどです。

さすがに高すぎるというのであれば、ソニーαレンズの50mm F1.4か、シグマの50mm F1.4あたりもよいでしょう。APS-CであればDT 50mm F1.8 SAMやDT 35mm F1.8 SAMも価格的にオススメ。

 

・ソニー SEL50F18
NEXシリーズユーザーであればこのレンズはおすすめ。2万円台半ばとそこそこ安価であるにもかかわらず、高い描写力を持っています。

 

・ニコン NIKKOR AF-S NIKKOR 50mm F1.4G
レンズモーターを搭載しているので、D40やD60などでもオートフォーカスの使える新設計レンズです。その分、定価で6万3000円と50mmにしては高価な値付けがされているのが玉に瑕。比較的に安価で懐に優しいAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gもオススメレンズのひとつ。


・ペンタックス Kマウントレンズ DA★55mmF1.4 SDM
APS-Cで使うと84.5mm相当とポートレートにちょうどいいとされている焦点距離になるレンズです。カミソリピントと恐れられるピーキーさ。

 

・マイクロフォーサーズマウント オリンパスM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
マイクロフォーサーズユーザーであれば全員が持っていてもいい優秀なレンズです。90mm相当とやや長めになってしまい室内では使いにくいのですが、それでも単焦点の楽しさを充分に味わうことができるレンズとなっています。小型軽量なのもおすすめポイント。

 

デジタル一眼カメラ選びのポイント:動きのある被写体を撮るためのデジタル一眼カメラ選び



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。