高金利で人気を集める外貨投資


ゼロ金利が解除されても、やっぱり外国通貨の高金利は魅力的!
外貨預金や外貨MMF、FX(外国為替証拠金取引)など、外貨投資は個人投資家に人気の高い投資先の一つです。人気を集める理由の一つには、日本の金利よりも高金利という点があげられると思います。

ゼロ金利が解除されたとは言え、円定期預金の金利はまだまだ低いのが実情。たとえば2006年11月13日現在、ソニー銀行では、1年物定期預金の金利は0.485%(10万円以上100万円未満)であるのに対して、米ドルの1年物外貨定期預金は4.13%(1万米ドル相当額未満)。約10倍という数字を単純に見ると、外貨投資がやっぱり魅力的に見えてしまいますね。

ポイント1:投資する時の為替レート


しかし、外貨投資は、外国通貨の金融用品への投資になります。投資できる外国通貨は、米ドルやユーロはもちろん、豪ドル、NZドル、さらには英ポンドやカナダドル、人民元など様々。まずは日本円の資金をこれらの外国通貨に交換してから金融商品に投資することになりますので、日本円と外国通貨を交換する時の為替レートが基準になって、今後運用されていくわけです。

ということは、外貨に投資する場合には、「私が今投資しようとしている為替レートは適正な水準」と自信を持っていえることが必要です。なぜなら、この時の為替レートが損益分岐点の鍵を握ることになるからです。

では、次のページでは、外貨に投資するタイミングを見極め方をどう考えたらいいのか、そして損益分岐点の調べ方を見ていくことにしましょう。