外貨預金・外貨MMF/外貨投資関連情報

外貨に投資するタイミングの見極め方はコレ(2ページ目)

個人投資家の人気を集める外貨投資。でも、どのタイミングで投資したらいいのか悩む人も多いのでは?そこで今回は、外貨投資を行うタイミングの考え方から損益分岐点の求め方までを解説していきます。

横山 利香

執筆者:横山 利香

投資をはじめてみようガイド

  • Comment Page Icon

ポイント2:投資期間で為替水準を確認にする


「為替はどう動くのかな」と私たちが予測することはとても難しいことです。分析したからといって、100%完璧に当たるわけではありません。ただ、今後を予測するしないに関わらず、外貨に投資した時の為替レートは変わりません。ということは、投資する時の為替レートが、過去の為替の動きに対して高いのか、それとも安いのかを把握しておくことがとても大切になります。
投資スタイルに合わせて、現状の為替レートを把握しよう

たとえば2006年11月13日現在、ドル円相場は118円程度です。この為替レートが、「どの程度の過去に対して、円高ドル安、それとも円安ドル高なのか」ということです。「どの程度の過去」としたのは、その人の投資スタイルによって投資期間は変わりますので、過去の期間も異なるからです。デイトレードであれば1日ですから1日を参考に、1年ぐらいの中長期投資であれば1年ぐらいを参考に、という風になります。

ここまで考えて投資すれば、結果がどうであれ、自信を持って外貨に投資できるのではないかと思います。

ポイント3:損益分岐点のチェック


ところで、外貨に投資する場合、金利の高さに惑わされてしまいがちですが、必ず「日本円に戻した時にいくらの利益が出るのか」「利益を出すための為替レートはいくらなのか」ということをあらかじめ把握しておくことが大切です。損益分岐点は、下記の公式で求めることができます。

●日本円で投資するお金÷将来、自分のものになる外貨建てでのお金=損益がトントンになる分岐点(為替レート)

損益分岐点を調べておけば、上記の為替レートを考える時に「この程度までなら為替が動いても大丈夫」というラインをあらかじめ把握できます。損失が発生した時に何も対処法がなければ、為替の動きに一喜一憂するばかり。そうならないためにも、事前に損益分岐点を調べておくのがよいでしょう。

次回の記事では、私が外貨に投資する時に活用している分析ツールや分析方法などをご紹介したいと思います。

【関連リンク】
・金融商品選びや投資期間の参考に、「お金を2倍に増やす人が使う「72の法則」」
・あなたにピッタリの外貨投資を知りたい人は、「あなたにピッタリの外貨投資を診断しよう」
・自分のマネー力を知りたい人は、「チャートで診断!あなたのマネー力のレベルは?」
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/2/29まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます