鉄則1:景況感を肌で感じる


投資雑誌の推奨情報やアナリストの投資情報などを鵜呑みにして株を買う人もいるかもしれません。これらの情報は悪いわけではありませんが、信じて投資しても儲かるかはわかりません。こうした情報に頼るよりも、自分の肌で景況感を感じ、投資環境をイメージしていくことが大事です。
投資環境を把握するためには、景況感を自分で感じるのが一番!

というのも、たとえば株の場合、株価は一般的に、経済の先行きを予測して動くと言われています。たとえば、これから景気が悪くなるのであれば株価は下落し、景気が良くなるのであれば株価が上昇するという風にです。

景気は、私たちが消費者として、そして労働者として、作り上げていると言っても過言ではありません。そう考えると、こうした情報に頼るよりも、自分の肌で感じる景況感がとても重要だと言えるのでは?ですから、他人の情報に頼るのではなく、自分の肌で景況感を感じて、投資環境を考えていくことが大事になるでしょう。

次のページでは、鉄則2:投資スタイルを確立させるを解説していきます。