一体誰に相談すればいいんだろう・・・


生命保険の相談を依頼したいけど一体誰に・・・かなり難しい問題ではないでしょうか?保険会社や代理店の人に相談すると商品を押し付けられるのではないか?FPに相談すると有料だし・・・。そこで今回は、営業マンを呼んだとしても、代理店に頼んだとしても、FPに依頼したとしても、目の前に現れた保険の専門家があなたの役に立つかどうかを見極めるポイントを3つご案内します。これで誰を呼んでも不安から解放されることでしょう。

1.生命保険の目的の明確化をサポートしてくれる。効果的な質問で、普段気づかなかったことに気づかせてくれる


生命保険選びは商品選びではなく、まずは目的を明確にすることです。したがって、保険選びを手伝ってもらう生命保険の専門家に求める役割とは「目的設定にあたり効果的な質問ができること」です。かといって普段、生命保険にかかわっていない限り、殆どの人が「自分が死んだら」とか「病気になったら」といったことを真剣に考える人はいないでしょう。専門家に「目的はなんですか?」なんて聞かれても、即答できる人はほんの一握り。保険を常に意識している人くらいです。

そこで、専門家は亡くなった場合はいくらお金が必要か?病気になった場合はどれくらいの費用が掛かるかとか、退職、引退を考えている人はその後の生活費はいくら必要か?教育費はどれくらい必要かといった、平均値を情報として提供してくれるはずです。そこでそれらの情報を参考に、自分の家庭にとって必要なことが見えてきて、「目的は何ですか?」という質問にも答えられるようになるのではないでしょうか?

普段接することのない情報ですが、保険を考えるに当たり必要な情報に接することなく、目的の明確化は不可能です。そこをサポートしてくれない、いきなり商品や設計書を出す人は専門家ではなく単なる営業マンですね。

2.目的を満たすための「必要保障額の試算」に知恵を貸してくれる。

先述したように、平均値、一般論的な情報をもとに、自分が保険に入る目的を明確にしたら、今度は目的を満たすための金額はいくらかを計算しなければいけません。この金額は、100人いたら100通りあります。全く同じ暮らしをしている人がいないことを考えればこのことは理解できると思います。

必ず各々で計算しなくてはいけません。そうしなければ自分の家庭にあった保険など見つけられるはずはないのです。必要保障額の計算によって「目的をみたすのに保険は必要ない」という結論も導くことができるかもしれません。これは保険料を減らす絶好の機会ともいえるのです。
自分が納得できる計算をするためには、公的保障の金額や、諸々の情報が必要となるわけです。その情報を専門家が提供してくれれば、必要保障額の計算は短時間に簡単に済んでしまいます。