本当に必要なのはお客様本位という「心」

いろいろと、書きましたが、結局本当に必要なのは、お客さん本位であるということです。これはどんな立場でも全うすることができます。保険会社の社員の人がどんなにノルマを課せられても、お客さんに必要がない、お客さんの役に立たない保険は売らない。

代理店ができるだけ多くの保険会社の商品を揃え、一番安く、保険会社が健全経営で、そして必要な保障を提供するようにする。どこにも売り手本位という心はなく、全てはお客様のため。お客さんが喜んでくれるサービスを提供するためであればよいのではないでしょうか。

これはメーカーである保険会社とも友好な関係を保ちながらお客本位に徹するという販売やお客さんの相談相手として唯一の理想的なスタイルです。

中立、中立と立場は中立でも、肝心の情報が不足していたら・・・。結局、どんな立場で仕事をしているかではなく、どんな心、気持ちで仕事をしているかが全てなのです。保険に限らず、どんな仕事でもそうだと思います。賢明な読者の皆さんなら理解していただけるはずです。

※ちなみに、決して保険会社に所属しない方、代理店にならずに保険相談を受けている方を否定しているのではありません。保険の相談を受けるときに必要なのはメーカーである保険会社からの情報を得られるパイプを持っていることが大きなウェイトを占めるということをお伝えしたかっただけです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。