積立ての難しい時代

今からはじめなければ間に合わない?
現在は個人がおかれている状況や考え方で好況とも不況とも受け取れる世の中です。長期に渡り積立てを継続していくことができるのは一握りの安定した収入を得ている人と、何事にも流されない強い意志を持っている人に限られるのが現実です。

とはいっても、自分の力で老後の生活資金を作らない限り現在リタイアしている諸先輩方のような引退後のゆとりある暮らしはありえません。

また、資産を作っていくためには、余ったら貯めるというスタンスでは殆どの人が積立の継続ができないことは誰もが知るところです。そこで今回は意志の弱いあなたが老後のゆとりある暮らしを目指し強制的に積み立てるための手段の一つとして終身保険をご案内します。

あてにならない、退職金と公的年金

現在、ゆとりある引退後の生活を送られている方々は勤め先からの退職金と、公的年金によるところが非常に大きいでしょう。
しかし、数十年後の現実は誰もがこの2つに期待できないことを知っています。

耳が痛いかもしれませんが、この2つに代わるお金を自分の力で用意しなければ、人生を最後までゆとりをもって過ごすことは難しいでしょう。

しかし、この退職金と公的年金、なぜこれだけ確実に多くの人が受け取ることができているのでしょうか。

もちろん社会情勢や経済情勢が大きく関わっていることはいうまでもありませんが、もうひとつはこの2つ、いずれも何もしなくても受け取れるわけではなく、しっかりとお金を支払ってきた、もしくは積み立ててきた結果なのです。

次のページは退職金も強制積立の1つ?>>