損保ジャパンひまわり生命の医療保険2タイプで比較

1泊2日タイプと5日目からの保障タイプのどちらにしよう?
1泊2日タイプと5日目からの保障タイプのどちらにしよう?
ここでは具体例として、最近主流の2タイプの設定がある損保ジャパンひまわり生命の医療保険で考察していきます。

【前提条件】被保険者30歳女性/保障は病気・ケガ入院給付金日額10000円と死亡保障100万円/1回の入院で120日、通算で1000日まで保障/保障期間終身/保険料払込み期間60歳(解約返戻金有り)※保険料は2006年3月31日現在
  • 1泊2日タイプ
    月々保険料10880円/合計保険料391万6800円/70歳時解約返戻金324万2560円

  • 5日目から保障(4日免責)タイプ
    月々保険料10030円/合計保険料361万0800円/70歳時解約返戻金304万6480円

55年間で8回以上入院しなければ5日目から保障(4日免責)タイプの方がお得

給付金の受取りが40000円(4日分)少ない5日目から保障(4日免責)タイプの方が当然保険料は安くなっており、差額は月々の保険料で850円、合計保険料で30万6000円になります。平均寿命の85歳までで考えると、55年間で8回以上入院するのであれば1泊2日タイプの方がお得と言えるでしょうが、8回も入院する人はあまりいないかもしれません。

70歳の時に保険を解約するなら3回入院すれば1日2日タイプの方がお得

また、70歳の時に保険を解約する前提で考えると、実質負担額(合計保険料?解約返戻金)は、1泊2日タイプが67万4240円、4日免責タイプが56万4320円になり、差額は10万9920円まで減ります。3回入院すればお得な計算になります。これから出産を控えているような方であれば、もしかしたら3回以上使うかもしれませんが、厚生労働省平成14年患者調査の概況/2受療率(1)性・年齢階級別をみてみると、30~59歳の女性では、どの年齢でも入院する確率が1%以下になっており、やはり確率としては低そうです。
※出産時は、正常分娩では基本的に保障の対象となりませんが、帝王切開等で医療保険を使う人は多いです。

人気は圧倒的に1泊2日タイプの方がありますが、保険料からみると5日目から保障(4日免責)タイプのほうがほんの少し分がありそうです。

医療保険に加入する際は、事前にご自身の健康状態や保険料の差を十分に確認し、より安心できるタイプを選んでみて下さい。


【関連リンク】
1泊2日の入院保障は必要?(All About シングルのためのマネープラン)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。