子供の医療費助成を比較!第3弾として全国の自治体を調査してみました。その結果、自治体によって助成制度の内容にかなり違いがある事がわかりました。自治体サービスの良し悪しは医療費助成だけでは勿論判断できませんが、子育て世代にとっては経済的負担が軽くなるような手厚い支援をしてもらえるに越した事はありません。

では全国の自治体はどのような助成内容になっているのか、まずは主要都市からみていきましょう。

第1弾 子供の医療費助成を比較!東京23区編
第2弾 子供の医療費助成を比較!神奈川県編

第3弾 子供の医療費助成を比較!第3弾全国編
全国主要都市……1P
最近政令指定都市になった市・話題の市町村等……2P
日本最先端の市町村・有名な観光地・原子力発電所がある市町村……3P
医療費助成が充実している市町村……4P

全国主要都市の助成内容

  • 札幌市
    0歳~就学前の入院・通院での医療費自己負担分を助成します。ただ一部自己負担があります。0歳~3歳の通院と0歳~就学前の入院では、初診時に医科で580円、歯科で510円、4歳~就学前の通院では、原則として医療費の1割が自己負担(月の限度額設定あり)となります。入院時食事療養費は助成対象外。所得制限あり。

     
  • 千葉市
    全国の主要都市でも制度内容は異なります
    全国の主要都市でも制度内容は異なります

    0歳~就学前の入院・通院での医療費自己負担分を助成します。通院1回・入院1日につき200円の一部自己負担があります。

     
  • 名古屋市
    0歳~就学前の入院・通院での医療費自己負担分を助成します。入院時食事療養費は助成対象外。所得制限あり。

     
  • 大阪市
    0歳~就学前の入院・通院での医療費自己負担分と、入院時の食事療養費の自己負担分が助成されます。ただ、1医療機関あたり1日につき入院・通院とも上限500円(月2日を限度)の一部自己負担があります。1ヶ月あたりの一部自己負担額の支払い合計が2500円を超過した場合は、申請により超過分が返還されます。所得制限あり。

    東京23区と比べると助成内容にかなり物足りなさを感じます。今後の拡大を期待しましょう。

     
  • 神戸市
    入院は0歳~小学6年までの医療費自己負担分を助成します。通院は0歳~小学3年まで助成します。ただ、1医療機関あたり1日につき上限700円(月2日を限度)の一部自己負担(0歳は自己負担なし)があります。入院時食事療養費は助成対象外。

     
  • 広島市
    0歳~就学前の入院・通院での医療費自己負担分を助成します。ただ、1日500円の一部自己負担(医療機関ごとに通院は月4日入院は月14日を限度)があります。0歳の入院は自己負担なし。

     
  • 北九州市
    0歳~4歳の通院と、0歳~就学前の入院での医療費自己負担分を助成します。所得制限あり(子供が1人の場合)。

     
  • 福岡市
    0歳~就学前の入院・通院での医療費自己負担分を助成します。入院時食事療養費は助成対象外。所得制限なし。
主要都市でも助成内容にかなりのバラツキがあります。東京23区にはない一部自己負担金については、どこもいろいろ考えての設定でしょうが、札幌市等は複雑でわかりづらい内容になっています。


何かと話題になったあの町の助成内容は?