国民健康・介護保険料ランキング!東京編1では、東京23区・26市・5町の平成19年度国民健康保険料(税)と介護保険料(税)のランキングを紹介しました。そして、今回は国民健康保険料と介護保険料を合計した総合ランキングをお送りします。保険料がお得な東京の区市町はどこでしょうか?

総合ランキング 持ち家編(ファミリー・DINKS・シングル)……1P
総合ランキング 借家編(ファミリー・DINKS・シングル)……2P
各区市町の国民健康保険料(税)率一覧……3P
各区市町の介護保険料(税)率一覧……4P
まとめと注意点……5P

※ランキングの前提条件は前回と同じく下記の通りとしました。
  • 所得割……課税所得316.5万円/住民税14.75万円(区市町民税は8.85万円)
  • 均等割……国民健康保険に加入している家族数を4人(ファミリー)、2人(DINKS)、1人(シングル)、介護保険は2人(DINKS)と1人(シングル)
  • 世帯割(平等割)……1世帯
  • 資産割……固定資産税10万円(持ち家)と0円(借家)
ランキング上の保険料計算では、小数点以下は切捨てていますが、端数処理等は特にしていません。

総合ランキング 持ち家編

国民健康保険料と介護保険料を合計した総合ランキングです。

■ファミリー
国民健康保険加入者が4人(例えば夫婦と子供2人)、介護部分は2人(夫婦)で、固定資産税を払っている(自らが所有している一戸建てやマンションに住んでいる場合等)世帯の保険料です。

総合 持ち家編ファミリーの場合
総合 持ち家編ファミリーの場合

夫婦が40~50歳代のファミリーで持ち家の場合は、このランキングが重要になります。堂々の1位は多摩市の286,164円でした。そして2位が武蔵村山市、3位が国立市となりました。逆に54位は八丈町の407,097円で、多摩市とは年間で約12万円もの違いがあります。上位は全て多摩地区の市町が並んでいる一方で、下位は八丈町以外全て区が並んでいます。

■DINKS
国民健康保険加入者が2人(例えば夫婦)、介護部分も2人で、固定資産税を払っている(自らが所有している一戸建てやマンションに住んでいる場合等)世帯の保険料です。

総合 持ち家編DINKSの場合
総合 持ち家編DINKSの場合

40~50歳代のDINKSで持ち家の場合は、このランキングが重要になります。堂々の1位はファミリーと同じく多摩市でした。そして2位が国立市、3位が日の出町となりました。54位の八丈町は多摩市と年間で約12万円もの違いがあります。

■シングル
国民健康保険加入者が1人、介護部分も1人で、固定資産税を払っている(自らが所有している一戸建てやマンションに住んでいる場合等)世帯の保険料です。

総合 持ち家編シングルの場合
総合 持ち家編シングルの場合

40~50歳代のシングルで持ち家の場合は、このランキングが重要になります。上位5位まではDINKSと同じ順位になtました。54位は八丈町で、多摩市とは年間約12万円の違いがあります。

総合ランキング持ち家編は、全て多摩市が1位となりました。持ち家の場合、保険料だけ考えて住む場所を決めるなら多摩市が理想と言えます。また、素敵な住宅地のイメージがある国立市や、大規模ショッピングセンターができて便利になった武蔵村山市も住むには良い場所と言えそうです。



次は、賃貸暮らしの国民健康保険と介護保険を合計した総合ランキングです。